Endah

Endah

03
February

 

音楽の広場です。今回は、インドネシアポップ歌手、Al Ghazaliをご紹介します。それでは皆さん、まずは、Al Ghazaliの曲「Kurayu Bidadari」をご紹介します。

Kurayu Bidadari」の曲は、Ahmad Al Ghazali Kohlerという歌手のソロデビュー曲でした。ソロ歌手になった前に、199791日にAl Ghazaliは、2009年にLucky Lakiという彼の2人の弟、ElDulを組んだバンドから始めました。しかし、17歳になった以来、Al Ghazaliは、ソロ歌手になりました。では皆さん、次の曲は、Al Ghazaliの「Lagu Galau」を聞いてください。

彼の典型的な声のおかげで、Al Ghazaliは、簡単に成功を達成しました。音楽業界に成功したことに加えて、Al Ghazaliは、様々なアドや、映画などに出演することにしました。残念ですが、201710月にAl Ghazaliは、音楽業界を引退することを報告しました。Al Ghazaliは、作曲家とDJとしてのキャリアを開発することに集中する欲しいです。それでは皆さん、最後はAl Ghazali2曲を聞いてください。

これで音楽の広場を終わります。

02
February

パソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州のASAM SEGARの料理をご紹介します。この放送は、短波放送だけでなく、www.voinews.idでも聞くことができます。

KecombrangKantan、またはHonjeEtlingera elatior)は、インドネシアのすべての地域で異なる名前のハーブの一種ですメダンで、この植物は、Kincungとして知られており、Minangkabauの人々は、sambuangという名前で知っています。東南スラウェシ州のPalopoの人々は、Patikalaと呼びます。Honje は、観葉植物のバナナような赤い色です。胴体は、丸く、基部が拡大しています。KecombrangまたはHonjeの花は、通常、群島の様々な料理の調味料や混合物として使用されます。花のは、西ジャワ州で、しばしばサラダとして使用されるか、サンバールと一緒に食べられます。蒸しkecombrangは、しばしばBanyumas地域のPecel料理の一部として使われます。ペカロンガンで、かくスライスされたKecombrangは、若いジャックフルーツから作られたUrap料理の種類であるMeganaのための成分として使用されます。

南スラウェシ州のPalopoの人々は、Asam Segar Paredeという独自の料理の香辛料としてKecombrangまたはPatikalaを使用しています。人々が、ParedeのスパイスとしてPatikalaを使用する理由は、酸っぱい味をだすためです。Paredeは、明確な淡黄色のスープ料理です。この料理では、主原料としてミルクフィッシュ、スナッパー、ラムールなど、海産物のタンパク質を使用しています。魚が、非常に新鮮である場合、作られたソースの味は、生産味の醤油は、海の動物性タンパク質の自然な甘味で非常に新鮮です。

Paredeは、非常に簡単な方法で調理され、スパイスは、カイエンペッパー、酸っぱいPatikalaなど、とてもシンプルです。食べると、Patikalaの使用から作成された香りがします。それは、新鮮な酸味のブレンドである非常においしいです。Paredeは、米と一緒にを食べるのに適しており、若いマンゴーサンバルをえています。しかし、Paredeは、Dange Kapurungで食べれば,もっと特別になります。Dange Kapurungは、サゴーから作られます。

おいしいだけでなく、この料理も、体が健康になります。魚が主要な原料のためにタンパク質が豊富であることに加えて、Paredeはまた、スパイスとしてKecombrangの原材料を使用しているので、コレステロールを低下させると考えられています。Asam Segar Paredeを楽しむことに興味のある方は、Palopoを訪問してください。この都市は南スラウェシ州の北部に位置しています。また、Palopo市のAsam Segar Paredeを見つけるのは、難しいことではありません。多くの屋台は、Dange kapurung Paredeを提供しています。価格は、比較的手頃な価格で、一食あたり17,000ルピア~200.000ルピアです。一方、Dangeの価格は、3000 ルピアから5000 ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

           

02
February

 

Arief Yahya観光大臣は、2017年のインドネシアの観光は22%増加したと語りました。Arief Yahya大臣は、1月1日ジャカルタで行われた商業省の会議で、数字は、ASEANと世界の観光産業の成長率に比べて3倍高いだと説明しました。ASEANの観光産業の成長率は7%、世界の成長率は6.4%です。インドネシアは、25.2パーセントの増加でベトナムの次のアセアンにおける第2位の高い観光成長国となりました。Arief Yahya大臣は、観光がインドネシアで最大の外貨獲得になることを目標します。2016年に、観光は、原油パーム油に次ぐ輸出収入となっています。Arief Yahya大臣によると、規制緩和は、観光の成長を改善するための鍵だということです。観光の成長を改善するために、政府によって行われてきた3つの大規制緩和があります。

Arief Yahya大臣はまた、インドネシアへの観光客の流入を促進するために、観光省は、169カ国は、ビザなしとしていると説明しました。2013年に、15カ国が、ビザなしとされました。Arief Yahya大臣は、オンラインベースの旅行事業による技術革新は、インドネシアでの観光産業の成長に貢献していると語りました。2018年に、観光省は、20パーセント増加の1700万の外国人観光客をターゲットにしています。

02
February

 

Retno Marsudi外相は、All Hajj Murad Ebrahimが率いるモロイスラム解放戦線(MILF)代表団の訪問を受けました。南部フィリピンの元分離主義者団体の代表団は、アチェの成功した和平や和解プロセスを研究することを第一の目的としてインドネシアを訪問しています。これは、20182 1日木曜日、ジャカルタの記者会見で、外務省のArrmanatha Nasirスポークスマンが語ったものです。

インサート :このMILF代表者の会談や訪問では、アチェで成功した平和プロセスから学ぶことです。会談中、外相は、フィリピン南部で平和を達成するための努力に対する支持を表明しました。外相はまた、平和構築に貢献し、平和を維持するために、MILFを含むすべての関係者をましました。インドネシアでは、MILFは、NUやムハマディヤなどのイスラム組織の代表者たちと会う予定です。この計画によれば、MILF代表団はまた、副大統領と会談する予定です。

Arrmanatha Nasirスポークスマンによると、インドネシアへのモロイスラム解放戦線(MILF)代表団の訪問は、南フィリピンを含む東南アジアにおける平和の実現におけるインドネシアの役割の重要性を示しているということです。Arrmanatha Nasirスポークスマンはまた、これまで、インドネシアは、フィリピン南部の国際監視チームに加わるほか、ガルーダの人員と民間人の84人を同地域の平和プロセスに関与させるために送ったと述べました。