Program Highligt

Program Highligt (186)

14
November

ジョコ・ウィドド大統領は、20191113日水曜日西ジャワ州のボゴールで、2019年の中央政府の先進インドネシア国家調整会議と地域の指導者調整フォーラムを公式に開催しました。大統領は、演説で、中央政府が開始した雇用創出プログラムを支援するための地方政府の支援の重要性を強調しました。大統領によると、地方政府は、インドネシア経済が積極的に成長し続けるために、中央政府プログラムの支援に参加しなければならないということです。大統領は、地方政府が投資を国に持ち込むことを困難にする政策と規制をもはや発行しないことを望んでいます。これは、地方政府からインドネシア国軍と警察の両方への支援を得なければなりません。

 インサート ;雇用創出に関しては、すべてがそれにつながる必要があります。これに関しては、皆さんに私をサポートしてくださいとお願いします。それは、どういう意味ですか?投資環境を完全に改善する必要があります。地域への投資がある場合、その投資が地方にれて実現できるように、知事、議員、市長の問題ではなく、セキュリティ、ライセンスプロセスの問題でもあり、すべて警察、インドネシア国軍、検察官からのサポートを提供する必要があります。

また、ジョコ・ウィドド大統領は、地域の零細、中小企業が関与する投資の重要性も強調しました。これは、投資が地域の経済発展を直接促進し、地域の人々が利益を直接感じることができるようにすることを目的としています。ジョコウィドド大統領はまた、この地域の投資家が中小企業に関与しなかった場合、直接、呼びかけると主張しました。

インサート :私は、すべての投資には、地方の中小企業を含めるように、メッセージを残しました。地域地元の起業家が含まれます。含まれていないものがある場合は、私に知らせてください。私は、すぐに呼びかけます

2019年の中央政府の先進インドネシア国家調整会議と地域の指導者調整フォーラムは、地方自治体、インドネシア国軍、警察から検察庁に至るまで、様々な部門から2,693人が参加しました。このフォーラムでは、汚職撲滅委員会KPKや財務監査機関BPKを含む閣僚の中から多くの講演者が参加しました。

13
November

ジョコウィドド大統領は、1112日火曜日、ジャカルタの大統領官邸で、プレワークカードプログラムについて議論するための限定内閣会議を開催しました。この問題に関して、Airlangga Hartarto経済調整大臣は、インドネシア政府が卒業後に仕事を見つけられなかった人々のために200万枚のプレワークカードを準備すると述べました。Airlangga大臣によると、合計200万のプレワークカードのうち、政府は50万のアナログベースのプレワークカードと150万のデジタルベースのカードに分割するということです。Airlangga大臣は、このシステムは、政府がプレワークカードの助けを必要とする人々の数を追跡でき、支援はコミュニティによって平等に受けられることを確保するように実施されると説明しました。

インサート ;大統領の指示は、雇用のニーズの観点から需要と供給を発展させることを望んでいます。我々は共に知っているように、このカードの性質は、多数から多数、多様から多様であり、政府支援として一方通行である他のカードとは異なります。これは、多くの参加者、多くのコースがあります。しかし、私たちはまた、認定されており、コミュニティが行うことができる研修機関にトレーニングを提供する方法のメカニズムを作成します。このオンラインシステムでは、割り当てに基づいて実際に調整しようとします。ですから、大都市と同様に小都市に登録する人にとっても、トレーニングに参加する同じ機会があります。

また、Airlangga大臣は、政府は、プレワークカードプログラムのために10兆ルピアの基金を準備していると述べました。現在、彼の側は、彼らがまだプログラムの基礎を形成する大統領規則を準備していると認めています。準備された大統領規則は、経済省の事務所の下にあるプレワークカードプログラムの担当者と、後に決定される潜在的な受益者の基準をカバーしています。Airlangga大臣によると、大統領規則は、Cipta Lapangan Kerja(雇用を創出する)の大統領規則と命名される予定だということです。

12
November

Empat Instruksi Presiden terkait Upaya Penciptaan Lapangan Kerja

将来に向けて行われる政府の仕事の大きな目標の1つは、人材育成プログラムに沿った雇用を創出することにあります。ジョコ・ウィドド大統領は、20191111日月曜日に、この問題を具体的に議論する参加者限定会議の議長を務めた際に、この大きな目標を実現するために、閣僚メンバーに対して多くの指示を与えました。4つの大統領 指示の内の 一つ目は、国家元首は、メンバーに対して、再び、最大限に雇用機会の創出を支援できるように、規制のエコシステム改善の努力をするようにと 指摘しました。以前にも、大統領は、それを妨げると感じられる 省庁の規制を特定するよう メンバーに要請していました。第二に、ジョコ・ウィドド大統領は、その規制分野の改革が、省庁における官僚の改革に続くことを望んでいます。両方が一緒に進行して、働き方、考え方、手順の向きを結果の向きに変える事が期待されています。一方、大統領は3指示として、内務大臣に中央政府と地方政府との関係を調整するよう要請しました。 4番目については、人材の準備に関する大規模な改革を開始する必要があります。

11
November

Pengamat: Penentuan kawasan konservasi maritim adalah kedaulatan RI

漁業オブザーバーであるAbdul Halim氏は、日曜日に、ジャカルタで、海洋保護地域を決定する際の問題は、インドネシア政府が所有する主権に関するものであり、他の国に促されることはできないと述べました。彼によると、海洋保護地域の決定は、完全に、このような海上地域の指定を決定するためのインドネシアの主権問題です。以前、アメリカ政府は、第二次世界大戦中のバンテン海域でのUSS Houston船の沈没の場所をインドネシア政府が海上保全地域とすることを望んでいました。Abdul Halim氏は、この要請に関して、USS Houston船の沈没の場所は、その場所周辺の天然資源の可能性は言うまでもなく、他の国の利権が入らないようにアメリカ政府も興味を示していると述べました。Abdul Halim氏は、スンダ海峡は、国内漁船と非漁船、およびさまざまな国の商船が横断する国際通商路の一部であることを指摘しました。

01
November

通信情報省は、オンラインメディアリテラシープログラムを通じてコミュニティのオンライン運動をフォローしています。これは、政府が昨年8月にパラパリング電気通信ネットワークを運営した後に行われました。これは、木曜日にジャカルタで開催された第9Merdeka Baratフォーラムの議論で、広報と通信総局のウィドド・ムクティヨ局長が語ったものです。「デジタル経済ベースのエクイティ」をテーマにした議論で、ウィドド局長は、メディアリテラシープログラムは、インターネットを前向きなものに使用し続けることを目的としていると述べました。

インサート ;今年、通信情報省は、オンラインメディアリテラシープログラムに参加します。そのため、オンラインメディアリテラシーは、既に所有されているものや作られた動きが悪用されないようにするため動き努力の一部です。この道路は、経済だけでなく利用することができます。確かに、この経済は、重要ですが、社会的結束力のある活動やソーシャルメディア間の関係は、構築する必要があります。したがって、このリテラシーが重要になります。

ウィドド局長はまた、ますます普及しているインターネットネットワークで、カルチャーショックを経験する人々のグループがあることを認識しています。ウィドド局長によると、それは、インターネットが前向きなものに使用されるように、デジタルリテラシーとバランスをとる必要があるということです。政府は、技術が、経済的アクセスが都市コミュニティだけのものではように、経済的エンパワーメントを含む、生産的なものに使用できることを望んでいます。

01
November

Sri Mulyani minta swasta tetap optimistis di tengah krisis global

Sri Mulyani財務大臣は、ビジネスマンに、さまざまな国の経済が不安定になる世界的な危機に直面することについて楽観的であり続けるよう求めました。Sri Mulyani大臣は、木曜日ジャカルタで開催された2019年のCEOネットワーキングイベントで、この条件は見守る、ビジネスマンの成り行きを見守る行動を引き起こす。なぜなら、様々な世界の金融機関の予想される経済的弱さは、民間部門の心理に影響を与えることができると考えられているからだと語りました。Sri Mulyani大臣は、実際、弱体化の予測は、特に過去5年間でしばしば伝えられていますが、経済の安定を維持できた国はまだたくさんあると述べました。また、Sri Mulyani大臣は、インドネシアが比較的安定した状態にあり、経済成長が予想される弱体化の5.05%を上回っていることを確認しました。

31
October

インドネシアとトルコは、2011年以来戦略的パートナーです。両国は、強力な二国間協力だけでなく、イスラム協力機構(OIC)、G20MIKTA協力(メキシコ、インドネシア、韓国、トルコ、オーストラリア)、ASEANなどの様々な組織で協力する様々な分野で密接な関係があります。これは、1029日火曜日の夜にジャカルタで開催された第96回トルコ建国記念日のレセプションの歓迎の演説で、在インドネシアのトルコ大使マフムードエロールクルチが語ったものです。両国の持つ大きな可能性を考えると、マフムード・エロール・クルチ大使は、インドネシアとトルコには、特に貿易と産業の関係を拡大する余地が十分にあると考えています。

インサート :急速に発展している2つの国としてトルコとインドネシアが持つ大きな可能性を考えると、特に貿易と産業の多様な分野で、私たちの友好関係をさらに発展させる余地があると信じています。インドネシアは、アジア太平洋地域におけるトルコの最大の貿易相手国の1つです。これは、2023年までに二国間貿易量で100億ドルの共同目標を達成するための強化または努力を示しています。

マフムード・エロール・クルチ大使はまた、インドネシアとトルコの関係は、16世紀以降、ウスマン帝国時代にさかのぼると語りました。 19世紀、トルコはバタビアジャカルタに総領事館を設立しました。インドネシアとトルコは、2020年に外交関係の70周年を祝います。

31
October

ジョコ・ウィドド大統領は、5つの観光拠点でインドネシアの観光部門の開発に集中するようスタッフに求めました。ジョコ・ウィドド大統領は、水曜日にジャカルタの大統領官邸で開かれた限定内閣会議で、5つの観光地は、トバ湖、ボロブドゥール寺院、ラブアンバジョ、マンダリカ、マナドであると述べました。大統領は、観光地開発活動は、政府によってこれらの5つの目的地で実施されると伝えました。大統領はまた、5つの観光地の開発が、2020年末までに完了することを目標に設定しました。

インサート ;観光に関しては、再び5つの場所に集中し、インフラストラクチャ、イベントのカレンダーもそこに集中します。住民ベースの経済製品の改善や住民ベースの観光も、トバ湖、ボロブドゥール寺院、ラブアンバジョ、マンダリカ、マナドなど、私がたびたび言及してきた場所で行います。そこに集中し、2020年の終わりをすべての目標、空港が完成し、港が完成し、観光製品、イベントのカレンダーが完成します。

政府は、10の新しいバリ島として知られる10の新しい主力観光地を目標しています。 10の目的地のうち52020年末までに準備がうことを目標としています。

29
October

Presiden tindaklanjuti pemekaran provinsi Papua tengah

ジョコ・ウィドド大統領は、パプアの中央山脈に位置する中央パプア州の開発計画のフォローアップを約束しました。ジョコ・ウィドド大統領は、月曜日、ジャヤウィジャ県の県庁所在地である ワメナで、開発に関する多くの提案が受け入れられたと語りました。しかし、特に中央山脈のために、大統領はフォローアップします。ジョコ・ウィドド大統領は、提案されたパプアの中央山脈州の開発が、ジャカルタに戻った後の宿題になったと述べました。その開発の提案は、ジョコウィドド大統領が、ジャヤウィジャヤのコミュニティリーダーと面会した時に 伝えられました。

26
August

 

 

副大統領に選出されたマールフ・アミンは、今日存在していPancasilaは、調和システムであり、この国を構成する国民と合意した国家のイデオロギーだと述べました。これは、2019824日土曜日、スバン県Comprengのアルムハジリモスクで開催されスバン県インドネシア祝福議会への職務訪問ならびに友好的な会合明らかにしました。この次期副大統領の訪問は、イスラム寄宿学校と幼稚園学校同様に公開されました。次期副大統領マールフ・アミンは、土曜日、スバン訪問後の記者会見で、国家の完全性と団結が維持されなければならないと語りました。彼はまた、他の国家にはない調和を維持しなければならない国家の完全性とこの国家の多様性をなう可能性のある挑発を避けるよう市民に呼びかけました。

KBRN.

Page 8 of 14