パソナインドネシア

パソナインドネシア (897)

07
February

ペソナインドネシアの時間です。今日はLentog Tanjungの料理をご紹介します。

Lentog Tanjung、はKudus市の美味しい料理の一つです。Kudusは、中部ジャワ州の地区の一つです。この地区は、中部ジャワで最大のたばこ製造都市(クレテック)及びサントリ―島の都市として広く知られています。この街は中世のイスラム教発展の中心地です。これは、布教者またはSunanの墓(ジャワのイスラム教を広めた人物)、それは、SunanKudus, Sunan MuriaとSunan Keduの墓の存在から明らかです。この街では、ムリア山、Kretek 博物館、Simpang Tujuh,そしてKudus塔などたくさんの魅力的な観光名所を訪問できます。
この典型的なKudus料理の名前は、LentogとTanjungです。Lentog,またはLontongはバナナの葉に包まれた米から作られた食べ物でした。そして、Tanjug(Tanjungkarang)はJati地区、Kudusにある村でした。昔、この料理はその村から生まれました。しかし、時間が経てば、Lentog KudusはKudusの全ての都市とインドネシアの他の地域で販売されています。
Lentog Tanjung料理の主材料はLontongです。Lentogが独特なのは、Lontongのサイズが大人のふくらはぎ位の大きさがあることです。Lentog Tanjungの一人前は、Lontongの小片、若いジャックフルーツの副菜、野菜、豆腐とテンペ、濃いココナッツミルク、そして炒めた玉ねぎをのせたものです。この料理は暖かいうちに食べるのは美味しいです。
この料理は朝食に適しています。それを楽しむために、スプーンを使用する必要はありませんが、Suruというバナナのをスプーンにすることができます。Lentogはうずらの卵のサテ、腸のサテ、クルプックなどと一緒に食べるとより美味しいです。Lentog Tanjung を味わうために、Kudus, Jati地区、Tanjung Karang村地域に訪問しましょう。価格は比較的手頃な価格で、一人前は約1万5千から2万ルピアです。
これで、ペソナインドネシアを終わります。
ありがとうございました。また、お会いしましょう。

06
February

ペソナインドネシアの時間です。今日は、ビダダリ島の歴史をご紹介します。

インドネシアは、その自然の観光地の魅力に非常に富んでいます。インドネシアの17,000の島々のうち、注目を集めている島の一つがあります。その自然の美しさだけでなく、その注目を集める歴史です。この名前は、ビダダリ島です。この島は、ジャカルタ特別州の地域のKepulauan seribu地区に含まれています。ビダダリ島と呼ばれる前に、この島には、2つの名前、すなわちSakit島とPurmerend島があります。

17世紀に、ビダダリ島は、場所は、遠くないのでOnrust 島の活動支持です。支持として、多くの補助施設が建設されました。1679年、VOCは、Angkeからの移動であるハンセン病の病院を建設しました。このため、この島は、SAKIT島と呼ばれました。同じ時間に、オランダ人は、要塞監督官を設立しました。この砦は、敵の攻撃からの防御を実行するための監督手段として機能します。オランダ人によって占められる前に、アンボン人とオランダ人は、この島に住んだことがあります。1800年に英国の艦隊は、この島を攻撃し、この島の建物を破壊しました。

1803年頃に、オランダ人は、ビダダリ島の支配権を取り戻し、再建しました。しかし、英国は、1806年に再び攻撃し、Onrust島とビダダリ島 そして、その他の島々は、崩壊しました。1827年に、この島は、中国の労働者と捕虜を巻き込むこオランダによって再建されました。建てられた建物は、1933年まで機能していたハッジ寮です。この島は、リゾートになる前に、1970年まで空いていて無人です。実際に、この島は、人々が訪れたことはありません。1970年代初頭、PT Seabreezは、観光地としての役割を果たすために島を管理します。

1970年以来、訪問者を引き付けるために、島は、ビダダリ島に改名されました。理由は、 Putri島、 Nirwana島 など、Kepulauan Seribuの別の島の名前に触発されています。オランダの植民地時代からの歴史的な遺物は、ビダダリ島の主な魅力になりました。このリゾートでは、海の雰囲気を楽しむためにリラックスしながらご滞在を提供しています。ジャカルタの近くに位置しているので、多くの訪問者は、ただ日帰り旅行に来るか、ワンデーツアーとして知られて滞在しません。訪問者は、涼しい潮風を楽しんでリラックスしたいだけでなく、ビダダリ島にある歴史的建造物も見たいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、地の魅力的なピックで、またお会いしましょう。

05
February

ペソナインドネシアの時間です。今日は、Semawis Imlek市場をご紹介します。

今日は、すべての中国人が、2019年の旧正月を祝います。中国の新年のお祝いの興奮は、数日前から、インドネシアのさまざまな都市で感じられます。インドネシアの様々な都市のチャイナタウン、例えばスマラン市のチャイナタウンも観光客で一杯です。

スマラン市 独特の年中行事は「Semawisのお正月 市場 」で、中国新年2570年と、呼ばれ、201921日から3日までスマラン市チャイナタウンの Wotgandul Timur道り に沿って開催されます。2019年Semawis のお正月市場のテーマは平和です。幸福と繁栄をもたらすであろう ことを 結びつけるように すべての人々を誘います。

Waroeng Semawisとしても知られているSemawis市場は、もともと中部ジャワ、スマラン市のチャイナタウン地区のナイトマーケットでした。このナイトマーケットは、2004年にスマランの中国人コミュニティによって観光のために開催され、インドネシアの祝日としての中国の新年のオープニングへと続きました

当初、ナイトマーケットはWotgandul Timur道や裏側の路地、Baru路地、Warung 路地、Gambiran路地、Tengah 路地や Besen 路地から開催されました。現在 Semawis ナイトマーケットは Warung 路地で、金曜日、土曜日、日曜日に開催されています。

訪問者は、バロンサイ、ライオンダンス、ポテヒ人形、そして武術など、旧正月独特な中国の様々なアトラクションを見ることができます。そのほかに、スマラン独特の料理や、アラブ、パキスタン、インドのコミュニティを代表する様々な料理があります。

Semawis Imlek 市場の主催者の一人として,SemarangのチャイナタウンコミュニティはTuk Panjang でお客様をお迎えします .それは チャイナタウンの外から訪れる人々への中国人コミュニティの食事です。宴会では、スマランチャイナタウンの長いテーブルで何百もの食事の招待状を一緒に提供します。これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、地の魅力的なピックで、またお会いしましょう。

今日は、すべての中国人が、2019年の旧正月を祝います。中国の新年のお祝いの興奮は、数日前から、インドネシアのさまざまな都市で感じられます。インドネシアの様々な都市のチャイナタウン、例えばスマラン市のチャイナタウンも観光客で一杯です。

31
January

パソナインドネシアの時間です。今日は、Bangka Belitung州のTikus Emas(ゴールデンマウス)ビーチをご紹介します。

Bangkaは、Bangka Belitung島の州の最も大きい島の1つです。その首都は、Pangkal Pinangです。Bangka島は、昔から鈴の街として知っていましたが、この島にも、様々な美しい観光名所を提供し、特に海洋観光名所で、その一つの中には、Tikus Emasビーチです。このビーチは、Bangka地区Parit Pandang区のSungai Liat市にあります。

Tikus Emasビーチは、Bangka地区の首都、Sungai Liat市の東にあります。訪問者は、市内中心部から約15分や36.1キロメートルの距離でPangkal Pinangの街からであれば、約1時間でそれを取ることができます。このビーチは、Pantai Tikus と呼ばれ、地域社会によると、このビーチは、かつてマウスが住んでいた地域だということです。それに丘から見れば、ビーチの形は、マウスのように見えます。また、ここには、マウス通りのように歩道がたくさんあります。

Tikus Emasビーチに入ると、車は5000ルピア、バイクは、2000ルピアの駐車場料金を支払います。この海洋観光名所は、白い砂と素晴らしいBangka典型的の典型的なビーチの風景、穏やかな海水、及びビーチで松の木を提供します。このビーチではまた、釣りしたり、泳いだり、遊んだりすることもできます。ここでは、幼児のためのミニオフロードゲームもあります。また、電車のゲーム、ボールバス、乗馬もあります。また、ウオータースポーツもしてみることができます。20万ルピアで、15分でジェットスキーを借りることができます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

29
January

ペソナインドネシアの時間です。今日は、ビンタンのTelaga Biru砂漠をご紹介します。

ビンタン島はリアウ諸島地方の島の一つです。この島には素晴らしい海洋観光スポットがあります。南シナ海を見下ろす白い砂浜の美しいビーチ、そして美しい水中の自然です。ビンタン島にもは、白い砂浜と青い水湖があります。名前はTelaga Biru砂漠で、今では観光客のお気に入りの観光地の一つです。

ビンタン島は、リアウ諸島のビンタン県、Tanjung Uban 地区のBusung村にあります。RHF Tanjung Pinang空港とTanjung Pinang港から車で約45ぐらいです。そしてTanjung Uban港かなら、15分ぐらいです。この観光地は毎日営業していて、それに入場券を払う必要はありません。駐車料金のみ払えばいいのです。

この観光地では、6,000ヘクタールの砂漠に囲まれた青い湖の美しさを楽しむことができます。写真の独自性に追加するさまざまなプロパティがあり、例えばブランコ、ラクダ人形、竹の装飾品、アーチェリーアリーナなどです。この観光地を訪れるなら、メガネ、帽子や頭とや足を保護するものを持参することをお勧めします。それは、日差しが非常に強いからです。

Telaga Biru砂漠はかつてボーキサイト砂の採鉱地でしたが、現在はサンゴのように硬くなっています。何十年もの間、この地域は放置されていました。古いくぼみには雨水が溜まり、やがて、青い色の湖になりました。その後、この地区は、観光客で賑わう観光地として住民によって管理されています。

 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、地の魅力的なピックで、またお会いしましょう。

 

28
January

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州の皮革産業センターをご紹介します。

SIDOARJO は、東ジャワ州の地区の一つです。この地区の、人口の大部分が革職人である地域に革産業センターがあります。その地域は、Tanggulangin地区と呼ばれています。1970年代から、Tanggulanginは、バッグやスーツケースの中心地として有名です。この地域は、Malang市を訪問した後に最適なショッピング観光地になることができます。Surabaya市とマラン市をつなぐ道や、スラバヤ市とMojokerto市をつなぐ道の間に位置していることで、何人もの観光客が休暇の後に立ち寄ることに興味を持つようになります。

Tanggulanginのバッグと財布工芸の中心地の発展は、1960年代に始まりました。Kedensariの住民の大部分は、スラバヤのスーツケース会社のフリーランス労働者になりました。それに対して、何人かの人々は、でんぷんで接着された牛革でコーティングした厚紙を使って、独立したスーツケースビジネスを行おうとしました。その後の70年代、Surabayaのスーツケース企業の多くは中国人で、Semarang, Yogyakarta, Bandung, Jakartaの企業を含めて、Tanggulanginでスーツケースを注文しました。

現在、販売されている商品の多くは, もはや純粋なTanggulingin産ではありません。中国産のバッグが入ってきて、タングリンギンの元の職人にとっての障害になりました。しかし、一部の職人はまだ生き残って自分のバッグやスーツケースを売っていますし、外国製のバッグを扱う職人もいます.偽造品を避けるためにはTanggulanginオリジナルの店で購入できます.通常, 彼らはまだ店名として所有者の名前を使っています. または、INTAKOの店で直接購入することもできます。INTAKOの店は, Tanggulanginのかばんとスーツケース工芸の中心である産業協同組合になりました. 彼らが持っている製品の品質によって、INTAKOの市場は、国内だけでなく、イタリア、アメリカ、サウジアラビアなどの海外にも到達しています。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

25
January

パソナインドネシアの時間です。今日は、削減(Silvofishery)家庭教育エコツーリズムをご紹介します。

Demakは、中部ジャワ州の北海岸に位置する地区です。この地区は、宗教的な観光地として知られています。多くの観光客が、スマーン・カーリ・ジャガやラーデン・ファタの墓への巡礼や、Demakの大モスクを訪れたりするために来ます。宗教的な観光以外にも、Demakには、人を惹きつける、様々な自然の観光地があります。その一つは、削減家庭教育エコツーリズムです。自然の美しさを楽しむ事に加えて、マングローブの木についての教育を受けます。

削減家庭教育エコツーリズムは、Demak 県のWedung郡、Kedungmutih村にあります。このマングローブの森は、Wedung 郡と(Demak)とKedung郡(Jepara)の境にあります。 Demak市の中心部から約35キロメートルの所にあります。 Jepara 市からですと、およそ30キロメートルのところにあります。この観光地に入るには、一人当たり2,000ルピアを支払います。営業時間は、午前8時から午後5時までです。

削減家庭教育エコツーリズムは、マングローブ森林の観光地です。この0.5ヘクタールのマングローブ森林は、マングローブの教育や災害軽減の場でもあります。エコツーリズムは、地元のコミュニティベースの災害対策(Sibat)によって管理されています。マングローブ森は、もともと2016年から2017年までの25000本のMangroveの木を植えるというAmcross プログラムによるものです。この森には、5種類のマングローブが植えられています。それは、長いマングローブ、短いマングローブ、短い赤いマングローブ、火のマングローブおよびRhizophora Apiculataのマングローブです。この観光地には、Trekという竹と木で作られた橋、ガゼボ、セルフィの場所、育種学習、マングローブの植え付けなど数多くの設備は建てられています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう

23
January

パソナインドネシアの時間です。今日は、憧れを治療するための一杯Sekanakコーヒーについてお伝えします。

Bangka島のTanjung Pinang 市の道を歩いていると、冷たい風が、一度も会ったことがない人と出会うために、体を襲いました。 Bukit Bestari Tanjung Unggat地域で、私の歩みは止まりました。これは、鼻を突き刺し始めるスパイスコーヒーの香りのために起こります。コーヒーの香りが生まれたところからの強い好奇心は、Dapoer Melayu家の建物を導きます。 Dapoer Melayuに到着すると、私の到着は、私の友人が待っていたことが判明しました。私のの友人、Dato 'Tedja Alhabdという名前のTanjung Pinang詩人による温かいおもてなしとフレンドリーな笑顔が、当時の出会いの始まりを開きました。

いつもと違うコーヒーは、私がそれを味わう方法を混乱させます。最後に、Dato 'Tedjaは、出されたコーヒーの歴史とそれを味わう方法を説明しました。彼によると、2012年に、彼は、リアウ諸島のLingga 地区の人物の一人であるRidha Kaliamsiからコーヒーレシピを入手しました。 Ridhaは、今私に提示されている Sekanakコーヒーのレシピの遺伝的遺産を与えました。彼は、歴史のある医者の遺産の本からレシピを手に入れました。かつて王室の遺産であったSekanakコーヒーは、現在では世代から世代へと受け継がれています。それから、2年後、Dato 'Tedjaは、このコーヒーミックスを完成させました。それは、一杯のコーヒーを楽しむには十分な時間です。

Dato 'Tedjaはまた、コーヒーのブレンドを楽しむ方法を説明します。まず、太いブラックコーヒーのスプーンを取り、苦味を味わいます。味は、人生の期待と一致しない苦い現実を象徴しています。その後、ストローとしてシナモンスティックを使用してSekanakコーヒーを吸い込みます。私たちが努力の結果から収穫した甘さであるかのように喉を落ち着かせる甘い感覚をお楽しみください。将来の栄光の象徴としてインゲンの衝突から作られた悪い棒をかみ砕きます。そして、舌の中のすべての味を中和するピンクの木の殻の一口を飲んでください。すべては、一般的にコーヒーを飲むのとは異なる感覚を与えます。

それは、本当に特別です、一杯のSekanakコーヒーは、味覚で舌を満足させることができるだけでなく、特に午後や朝に、心、考え、精神を静めることができます。おしゃべりや憧れをやめた後、ついにDato Tedja Alhabdとの出会いは、終了しなければなりませんでした。私は家に帰り、詩人、特に一杯のSekanakコーヒーとの出会いの記憶は、忘れることは非常に難しいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

22
January

パソナインドネシアの時間です。今日は、北ミナハサのWaruga遺跡をご紹介します。

Waruga Sawanganの遺跡は、Minahasa人の巨石時代の遺跡である古い墓地です。北ミナハサのWaruga遺跡は、住宅地と住民の土地の裏にあり、この、北スラウェシの史跡の一つである墓地は、あまり人目につきません。

ミナハサのWarugaは、紀元前13世紀の初めに発展したと、推定されています。 Warugaの出現は、北ミナハサ地区のTremanおよびTumaluntungBukit Kelewerの地域が最初でした。その後、Warugaは、紀元前20世紀の初めまで、西スラウェシ北部の様々な地域で出現し続けました。先史時代において、ミナハサの人々は、先祖の霊が、魔法の力を持っているとずっと信じていました。このため、墓は、できるだけ美しく作られました。

Warugaは、亡くなった人の親戚や家族によって作られるのではなく、死が迫った本人によって作られます。死が迫ると、その人は、副葬品が調えられた後に、一人で、そのwarugaに入ります。ある日それが、完全に行われれば、それは、残された家族に善をもたらします。本当に、北スラウェシには、たくさんのWaruga遺跡があり、そのうちの一つは、北ミナハサ地区のAirmadidi区のSawangan村にあります。 3種類に分類される、いくつかのサイズの、143Warugaが、この村にはあります。

一つ目のグループは、Warugaの高さが、0100 ㎝ほどの、小さな物で、10個あります。第二グループのWarugaは、中位のサイズで、高さが101150センチメートルあり、52個あります。第三グループは、大きく、高さ151250センチメートルで81個あります。Warugaは、Tombul語が起源です。これは、「乾燥する体の家」を意味するWale Marugaの音節から、来ています。 Warugaには別の意味もあり、それは、Wale Waruという一種のワックス状の土であるDomatoの墓の意味です。

21
January

パソナインドネシアの時間です。今日は、リアウ諸島のDURAI島をご紹介します。

Durai 島は、リアム諸島州、アナンバス諸島地区のパルマタック区にある島の一つです。この島は、タカ亀(Eretmochelys imbricata)とオサガメ(Dermochelys coriacea)の生息地であり、亀の保全地域です。そのため、周辺の人々も、この島を「亀の島」と呼んでいます。

バタム島からこの島に行くためのアクセスは、2時間の旅行時間でパルマタック島のマタク空港への先駆的航空機を使うことができます。その後、約2キロである港への道路の旅を続行します。港からは、タレンパ港へのスピードボートでの旅行が1時半です。この港から、旅は、1時半の旅行時間でタレンパの港へのスピードボートを使って続けます。この港から、訪問者は、Durai島に到達するために木製ボートやスピードボートを借りることができます。

島を囲む澄んだ海水のため、訪問者は、ダイビングすることなく島の周りの美しい海洋生物を楽しむことができます。午後が来るまで待つと、この島の海岸線にひっくりって(す)を作る集まったカメが見えます。

カメ保全地に加えて、Durai島は、まだ観光客のためのレストランなどの十分な施設を持っていません。この島を訪問したいのであれば、食べ物や十分な飲料水のような物資を持ってくることを確認してください

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。