パソナインドネシア

パソナインドネシア (759)

02
February

パソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州のASAM SEGARの料理をご紹介します。この放送は、短波放送だけでなく、www.voinews.idでも聞くことができます。

KecombrangKantan、またはHonjeEtlingera elatior)は、インドネシアのすべての地域で異なる名前のハーブの一種ですメダンで、この植物は、Kincungとして知られており、Minangkabauの人々は、sambuangという名前で知っています。東南スラウェシ州のPalopoの人々は、Patikalaと呼びます。Honje は、観葉植物のバナナような赤い色です。胴体は、丸く、基部が拡大しています。KecombrangまたはHonjeの花は、通常、群島の様々な料理の調味料や混合物として使用されます。花のは、西ジャワ州で、しばしばサラダとして使用されるか、サンバールと一緒に食べられます。蒸しkecombrangは、しばしばBanyumas地域のPecel料理の一部として使われます。ペカロンガンで、かくスライスされたKecombrangは、若いジャックフルーツから作られたUrap料理の種類であるMeganaのための成分として使用されます。

南スラウェシ州のPalopoの人々は、Asam Segar Paredeという独自の料理の香辛料としてKecombrangまたはPatikalaを使用しています。人々が、ParedeのスパイスとしてPatikalaを使用する理由は、酸っぱい味をだすためです。Paredeは、明確な淡黄色のスープ料理です。この料理では、主原料としてミルクフィッシュ、スナッパー、ラムールなど、海産物のタンパク質を使用しています。魚が、非常に新鮮である場合、作られたソースの味は、生産味の醤油は、海の動物性タンパク質の自然な甘味で非常に新鮮です。

Paredeは、非常に簡単な方法で調理され、スパイスは、カイエンペッパー、酸っぱいPatikalaなど、とてもシンプルです。食べると、Patikalaの使用から作成された香りがします。それは、新鮮な酸味のブレンドである非常においしいです。Paredeは、米と一緒にを食べるのに適しており、若いマンゴーサンバルをえています。しかし、Paredeは、Dange Kapurungで食べれば,もっと特別になります。Dange Kapurungは、サゴーから作られます。

おいしいだけでなく、この料理も、体が健康になります。魚が主要な原料のためにタンパク質が豊富であることに加えて、Paredeはまた、スパイスとしてKecombrangの原材料を使用しているので、コレステロールを低下させると考えられています。Asam Segar Paredeを楽しむことに興味のある方は、Palopoを訪問してください。この都市は南スラウェシ州の北部に位置しています。また、Palopo市のAsam Segar Paredeを見つけるのは、難しいことではありません。多くの屋台は、Dange kapurung Paredeを提供しています。価格は、比較的手頃な価格で、一食あたり17,000ルピア~200.000ルピアです。一方、Dangeの価格は、3000 ルピアから5000 ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

           

31
January

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のSendang Banyu Biruの観光地の一つをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州にあるグレシック市は、工業都市として知られているだけではありません。 Gresikには、インドネシアの他の地域に負けない魅力的な観光地もあります。また、Gresikには、午後の涼しさを楽しめる自然の観光もあります。その観光地は、Sendang Banyu Biruと呼ばれています。

Sendang Banyu Biruは現在、グレシックの主力観光地となっています。この地区の自治体は、特に2013年以降、旅行者の利便性を支援する施設を美化し、追加するための資金を提供することで開発に参加してきました。現在、湖の端は、すでに、石垣で整備されています。この石は、直径25メートルの湖に観光客が近づくのを容易にします。また、この石は、この観光地がいつも混んでいる週末に、座る場所としても利用できます。

この名前が示すように、Sendang Banyu Biruは、シンボルとなる澄んだ青色の水を持っています。この湖の水は、硫黄分を含んでいるため青い色をしています。地元の人々は、Sendang Banyu Biruの存在は、オランダの植民地時代よりも前の、ずっと昔から知られていると信じています。また、湖の水は、様々な皮膚疾患を治すとも考えられています。

Sendang Banyu Biruには、すでに駐車場、モスク、バスルームなどの施設が備わっています。また、食料品や飲料品を持参していない場合も、ここから比較的近いところに、地元住民が所有する簡単な食堂があるので心配する必要はありません。将来的には、こどもたちの遊具、スイミングプール、あずまや、食べ物や飲み物を売る食事コーナーなどの施設が追加される予定です。

もし、近い将来に東ジャワ州を訪れるなら、Gresikに立ち寄り、Sendang Banyu Biruを訪れることを忘れないでください。この観光地に行くには、東ジャワ州のGresik 地区Dukun 区にあるLowayu村を目指して乗り物で向かうことができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

30
January

 

ペソナインドネシアです。今日は、Citamiang健康観光林をご紹介します。

ハーブは、治療に有用性または価値を有する植物です。現代は、医療技術の急速な発展と豊富な研究で、すべての病気に有効な薬を提供する周辺の植物が多いです。さらに自然的で、化学薬品のような副作用はありません。これは多くの人々がハーブについてもっと知りたいようにするものです。ハーブについて関心を持つ場合、あなたは、Citamiang健康観光林を訪問するべきです。ハーブについて知識を得ることに加えて、この観光林に旅行することもできます。

Citamiang健康観光林は、Bogor地区のCisaruaPuncakの山岳地帯に位置する自然教育に基づく観光地です。ジャカルタの中心から、Citamiang健康観光林は、車で、23時間ぐらいかかります。この観光林は、Puncak Lestari森林村協会とBogorTunas Mandiri財団によって管理されています。3ヘクタールぐらいの面積を持つ観光地は、ハーブの幅広く包括的な知識を得ることができます。

Citamiang健康観光林に訪問するときに、ハーブの知識は、ハーブの植物の周りのインフォメーションボードからサイト上に表示し、ボランティアのハーブガイドもあります。Citamiang健康観光林では、ハーブ種子の播種があります。それは、33種はCitamiangのオリジナルハーブと67種のCitamiang外のハーブで、100種のハーブを持っています。

準備されている教育観光活動に加えて、この観光地には、木製の橋、825メートルの長さのハーブトラック、ハーブの保育園、衛星雨水採取器、コーヒー農園、Pasir Angin地域で自撮りとファミリーサイクリングのスポットもあります。ここでは、一晩滞在することができるキャンプ場もあります。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他興味深いトピックでまたお会いしましょう。

29
January

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のPrigiビーチをご紹介します。この放送は、9525 KHz短波放送だけでなく、www.voinews.idでも聞くことができます。

Trenggalekは、東ジャワ州の南岸にある地区です。この距離は、東ジャワの首都スラバヤから約186キロメートルあります。この地区には、ビーチ、洞窟、滝など多くの美しい名所があります。 Trenggalekで有名な観光地の一つは、Prigi ビーチの観光地です。このビーチエリアには、異なる沿岸観光キャラクターを持つ12の観光地があります。

Prigi ビーチは、このエリアの主要な観光地です。このビーチは、頻繁に訪れる観光地であるだけでなく、ジャワ島の南海岸で最大の漁港です。このビーチでは、釣りやキャンプ、美しいビーチの雰囲気を楽しんだり、海岸線を泳いで時間を過ごすことができます。Prigi ビーチで泳ぐのは。湾であり、サンゴの列によって保護されているため、かなり安全です。このサンゴ礁は、深海浅海の間の障壁の役割を果たします。また、ビーチに到達する波があまり危険でないように防波堤としても機能します。

Prigiビーチで釣り、見学したい人のために、地元のボートをレンタルすることができます。この観光地は、ジャワのカレンダーSelo月に混雑した観光客が訪れます。なぜなら、この海岸の漁師は、豊かな海産物のために神に感謝の形としての年次式である伝統的な式典Larung Sembonyoを開催するからです。

Prigiビーチは、Trenggalek 市の南の約48キロメートルにあるWatulimo地区のTasikmadu村にあります。このビーチには、専用車または公共交通機関でアクセスできます。この観光地に入るには、1人あたり6.000ルピアの入場料を支払う必要があります。一方、ボートのレンタル料金は、 1人あたり10,000 ルピアです。Prigiビーチはまた、キャンプ場、レストラン、遊び場、バスルーム、宿泊施設などの様々な観光施設があり、駐車場は非常に広いです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

27
January

 

ペソナインドネシアです。今日は、南スラウェシのKappe海岸をご紹介します。

Pinrang地区は、南スラウェシ州の首都、Makassarから185キロメートルの北側に位置しています。この地区は、その海岸の美しさに人気があります。その一つの人気な海岸は、Kappe海岸です。Kappe海岸は、国内外の観光客によく訪れました。この海岸では、その美しさを楽しんで、様々な活動もすることができます。

Kappe海岸は、典型的な美しさを持っています。海岸の白い砂と組み合わせた青い海の水は、Kappe海岸の景色のエレガンスにさらに加わります。Kappe海岸は、南スラウェシ州のPinrang地区のDuampanuaDataに位置しています。Kappe海岸の美しさを楽しんでいるながら、訪問者は、泳ぐやビーチバレーをすることができます。

Kappe海岸に行くために、難しくないです。訪問者は、車やバイクなどの自家用車を使用することができます。公共交通機関を使用することになる場合、心配する必要はありません。あなたは、近くのバス停に降りて、バイクタクシーで、Kappe海岸まで行けます。

Kappe海岸は、美しい風景をもって、たくさんの施設を持っていることで、駐車場、シャワールーム、宿泊施設などの観光施設が完成したいるため、訪問することに快適です。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

26
January

 

 

マナドは、北スラウェシ州の首都です。都市は、マナド湾にあり、山々に囲まれています。近年、この都市の観光活動は、急速に成長し、マナドの都市経済の柱の一つとなりました。観光と言えば、エコツーリズムは、マナドの最大の魅力です。ブナケン国立公園に加えて、トンダノ湖、Tumpa山の森林公園、ロコン山脈、プーラ・ランベーなどの興味深い観光地もあります。

今回のインドネシアの魅力のエディションDEは、Tumpa山の森林公園の美しさをご紹介します。Tumpa山の森林公園、 Hein Victor WorangHV Worang)は、ブナケン地区のトンカイナ村にある森林保全地域です。この観光地に行くには、車などを利用してBailang - Tongkeina高速道路を通りBunaken地区までManado市内中心部から約1時間旅行する必要があります。距離は、約12キロあります。到着すると、森林区域に入るためには、まず初めにに監視事務所に報告し、できる範囲の寄付をしながら、ゲストブックに名前を書きます。

Tongkaina丘にある森林は、面積が、215ヘクタールあり、標高は、700メートルです。この森林地域には、丘陵(きゅうりょう)地帯とあまり起伏のない斜面の保護林があります。その中には、多くの茂(しげ)み、低木(ていぼく)、椰子(やし)の木などがあります。ヘビとソアソアの爬虫類(はちゅうるい)、野生のブタ、サル、メガネザル、そして様々な種類の鳥たちもこの森林にすんでいます。この大きな林を歩くと、まだ自然の残る森の美しい景色や新鮮な空気を楽しむことができます。また、日の出、満月、夕日を見たり、動植物を観察したり、ハイキングやトラッキングをしたり、パラグライダーをしたりすることを楽しむこともできます。

Tumpa山の森林公園には、HVパークもあります。Worang は、1967年から1978年まで北スラウェシの第5代知事を務め、1975131日から1975823日まで、第13代のマナド市長を務めました。公園内には、HV Worangの像とHVWorangの闘争を描いた壁画(へきが)があります。 HVパークを過ぎると、 Worang政府が準備したいくつかの建物があり、非常に美しい島々のあるスラウェシ海の広大な(なが)めがあります。Tumpa山の森林公園には、食堂(しょくどう)、トイレ、駐車場があります。

 

これで、パソナインドネシアを終わります。

24
January

 

 

南スラウェシ州の美しい観光地は、マカッサルだけではありません。 Barru 地区には、インドネシア全土の他の場所に美しい自然の魅力をえた様々な観光地があります。その一つが、Dutungan島です。

チレラン村のDutungan島は、緑の雑掌にわれた地域が広がっています。また、この周辺には、チーク材の森もあります。ビーチの端にも、緑豊かなマングローブの木が、お茂ります。育ちます。さらに進むと、島の裏側には、美しい岩石群があります。干潮時れていた洞窟が姿を現します。

Dutungan島には、とても美しい海の魅力があります。Dutungan島の海水は、とても澄んでいます。水面から見ると、サンゴ礁群の周りを泳ぐ小さな魚が見え、ますますこの場所に魅力的な情緒を加えます。この美しさをより近くで見たいなら、観光客は、シュノーケルを楽しめます。シュノーケリングの用具を持っていなくても、大丈夫です」。島では、手頃な価格でシュノーケリング用具は、レンタルがあります。シュノーケリング用具は、一日約50,000ルピアでレンタルできます。

Dutungan島は、地元の人々が運営する観光地ですが、ここには、すでに観光施設があります。清潔な水を使ったトイレ、カフェ、レストランなどの施設も利用できます。また、ここに永くまることを希望する観光客は、周辺のの宿屋を借りることができます。この場所の賃貸料は、 250.000ルピアからと比較的手頃な価格です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

23
January

 

ペソナインドネシアです。今日はアチェ州のSangerコーヒーをご紹介します。

コーヒー愛好家にとって、インドネシアを訪問するのが必須です。なぜなら、様々な味と加工の一意制で、インドネシアは地元のコーヒーに豊富です。インドネシアの様々な地域で、面白いコーヒーを提供する方法も見ることができます。例えば、Kopi JossKopi DurianKopi TarikKopi Tubrukなどです。アチェを訪問するときに、アチェに広がる喫茶店で、典型的なアチェのコーヒーを試してください。一般的に、アチェでの喫茶店は、Sangerコーヒー、ブラックコーヒーとミルクの組み合わせを提供します。

Sangerコーヒーは、昔にSanggengコーヒーと呼ばれました。アチェ語では、Sanggengは「愚か」と意味します。Sanggengコーヒーのコーヒーやミルクの量は、普通のミルクコーヒーに比べて、より少ないので、「愚か」と呼ばれました。少ない用量は、普通のミルクコーヒーよりも安い価格になります。Sanggengの名前は、1990年代に、Sanggengコーヒーが学生の間に人気になって、Sangerに変わりました。価格は安いから人気になりました。少ない用量と学生に手頃な価格で、このコーヒーが当時の学生の状況を「最も理解できる」コーヒーになりました。その時以来、「お互いを理解する」を意味するSangerという言葉が出ました。

ユニークな物語を持つに加えて、アチェの典型的なコーヒーは、提示することにもユニークです。まずは、ブラックコーヒーの粉末を布フィルターにいれて、次に、沸騰した水をフィルターに数回注ぎます。フィルターされたコーヒーは、長い間、交互に別のガラスに何度も引っ張られて、繰り返し移動します。単にTeh Tarikを作る方法に似ています。その後、コーヒーは、加藤練乳を入れたカップに注ぎます。ミルクと混ぜられたコーヒーは、泡立つまでコーヒーが振られています。そして、Sangerコーヒーは、奉仕する準備ができました。

普通のコーヒーミルクの用量より少ないが、Sangerコーヒーの味は、異なる味を持っています。このコーヒーは、独特な香りを持っています。Sangerコーヒーの価格は、1カップ当たり、1万から15千ルピアぐらいかかります。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

22
January

パソナインドネシアの時間です。今日は、西カリマンタン州のJONGGANダンスをご紹介します。この放送は、9525Khz短波放送だけでなく、voinews.id/Japanese でも聞くことができます。

カリマンタンは、大変広い島であり、この島に住む各部族の多様な文化と伝統があります。現在まで行われている伝統の一つは、ダヤック・カナヤン族のJongganダンスです。

Jongganは、西カリマンタン州の伝統芸術の一つで、ダヤク社会の喜びと幸福(こうふく)描(か)いています。このダンスは、西カリマンタン州のダヤック・カナヤンの人々の文化に由来しています。 Jongganは、ダヤク語で、“ジョゲット踊りや“踊る“を意味します。いくつかの情報によると、Jongganダンスは、1950年代に西カリマンタン州のLandak地区に現れ始めました。このダンスは、もともと、様々なイベントでのダヤクの人々の楽しみとして使用されていました。その後、Jongganは、しばしば、結婚式やレセプションような大きなイベントで披露されるようになりました。

Jongganダンスが演じられる前に、最初にやらなければならない特別な儀式があります。儀式は、Nyangahantと呼ばれ、祈ることを意味します。この儀式は、上演がうまく行くように、神に許可と保護をお願いするために行われます。

Nyangahantは、Bapamangという、あらかじめ用意されている、お供え(おそなえ)の前で、式典の指導者が祈ることで始まります。Jongganは、5人から7人の女性ダンサーが演じます。踊るとき、彼女らは、クバヤ服、パチャ、スカーフを着用します。パチャは、長いバティックの服です。このダンスで使用されている服は、非常にシンプルで、アクセサリーをあまり使用していません。

Jongganは、観客が一緒に踊り、pantunの掛(か)合(あ)をする事ができ、ダンスパフォーマンスの一つですが、pantun=韻(いん)は、提示されたテーマに沿っている必要があります。そのため、このダンスは、インタラクティブでコミュニケーション的なダンスに分類されました。このダンスには、ガドーボンという太鼓、ダウというガムラン、竹笛から成る伝統的な楽器で伴奏されます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

20
January

 

ペソナインドネシアです。今日はアチェ州のGayo部族の伝統的な楽器、Teganingをご紹介します。

Gayo部族は、アチェ州の中部にあるGayo高原に住んでいる部族です。Gayo部族の地域は、Bener Meriah地区、中央アチェ地区、Gayo Lues地区を含まれます。Gayoコミュニティ、特に中央アチェ地区とBener Meriah地区に住んでいる住民は、Teganingという伝統的な楽器を持っています。

Teganingという楽器は、1から1,10メートルの長さの選択された竹の部分から作られます。この使用できる竹の部分の要件は、十分な長さ、十分な直径の大きさと熟した竹でなければなりません。Teganingという楽器に加工する前に、流水に数日間浸して、太陽の下で乾燥します。

竹から切ってはならずに、外側の竹の殻をかき出すことで、3つか4つの弦として機能して、Kekepakという竹は細長い穴が与えられます。ロープと竹を分けるためのくさびを置いて、この3つの弦の音は、彼らの機能、CanangMemongGongとして設定できます。Teganingは、右手でPegeulという棒で、弦に叩き、左手はTeganingの身体をノックすることで演奏します。

Teganingは、昔に、鶏や鳩を食べないように衣服を乾かしたまま、時間を過ごすために、Gayoの女性に演奏しました。しかし、時代が進むにつれて、米の乾燥を待っている間にTeganingを演奏している女性はめったに見られません。現在、Teganingは、Gayo部族の伝統的なダンスを伴奏するために演奏します。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。