パソナインドネシア

パソナインドネシア (759)

29
May

パソナインドネシアです。今日は、中央ジャワ州のMenganti海岸についてご紹介します。

Kebumenは、南側にインド洋に接する中央ジャワ州に位置する地区です。この地区は、Kebumenに観光する特に、ぜひ訪問しなければならない美しい海岸に恵められています。その一つは、Menganti海岸です。その美しさのため、この海岸は、中央ジャワ州の最も美しい海岸として戴冠されます。この海岸は、Kebumen地区のAyah県のKarangduwur村に位置しています。この海岸は、Kebumenの西側に位置しています。

Menganti海岸に行くために、かなり急な道で、Kebumenの中心部から2時間ぐらいかかります。しかし、すべての疲れは、Menganti海岸に到着した後、報われます。白い砂は青い海の水で混ざれます。海岸は緑の丘と聳え立つ自然の崖に囲まれているので、景観は素晴らしいです。この海岸に観光する時、水遊びすることができます。あなたは、ここの漁師が取った魚も直接買うことができ、そして焼くことを頼むことができます。そのため、Menganti海岸の新鮮な魚を楽しむことができます。

Menganti海岸では、このビーチの自然の美しさを楽しむことができます。より美しい景色を得るためには、ビーチの東側の丘を登ることができます。丘の頂上に、灯台があって、まだ灯台の頂上まで上ることができる1912年から1915年までオランダによって建設されました。この場所から、沿岸地域全体、青い海まで伸びるサンゴの丘の曲線を見ることができるようになります。またこの丘から、美しい日の出と日没を楽しむこともできます。Menganti海岸には、使用可能ないくつかの設備が整っています。

灯台以外に、Menganti海岸に観光するときに、訪問することができるKarangbata崖があります。この崖は、Menganti海岸の東南側にいしています。Karangbata崖から、あなたは、インド洋とサンゴの島の広大な眺めを見ることができます。避難所のための小屋があります。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

28
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、パプア州のPANIAI(パニアイ)湖をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

パプアの自然は、ビーチ、山、洞窟、湖など、なく素晴らしい自然の魅力を提供してくれます。壮大な景色を持つ湖の一つが、パプア州パニアイ地区の東パニアイ区にあるパニア湖です。

最初は、パニアイ湖、ティギ湖、タゲ湖は、Wisselmeren(ウィッセルメレン)と呼ばれていました。この名前は、この3つの湖を最初に発見したフリッツ・ジュリアス・ヴィッセルというオランダのパイロットの名前に由来しています。オランダの植民地時代には、ウィッセルメレンという名前は、パニアイよりも人気がありました。ウィッセルメレンは、ウィッセルの湖を意味するオランダ語から由来しています。パニアイ湖は、20071130日にインドで開催された世界湖沼会議で世界のある157湖畔の国々によって表彰された、世界で最もすばらしくかつ最も美しい湖です。

パニアイ湖は、14,500ヘクタールの面積を持ち、海抜1,700メートルの標高に位置しています。その位置がとても高いので、パニアイ湖周辺の空気は非常に涼しく感じます。涼しい空気だけでなく、湖の端に岩や砂があり、高い崖に囲まれていることも、この観光地の魅力に加わります。パニアイ湖の自然の美しさの裏に、この湖には、様々な種類の淡水魚やエビがいます。この湖で見つかった多くの種の淡水魚の中で、Rainbow fish(虹の魚)は、高い経済的価値のために、漁師や魚のコレクターが最も頻繁に探し求めている魚です。

この湖で他に行うことができる観光の活動は、湖の周辺のトレッキング、釣り、あるいは、つかまえた魚を焼くことです。また、湖の端にある丘を登ることもできます。丘の頂上からは、やかな風が涼しい中で、素晴らしい自然の美しさを見ることができます。パニアイ湖に行くには、パニアイ地区の首都エナロタリの街から出発することができます。この町からは、この観光地に向かうバスを借りて陸路を利用します。湖の近くで夜を過ごしたいと思う人は、いくつかの宿泊施設や地元の人々の家に宿泊することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

25
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、ATAMBUATELUK GURITAビーチを紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Teluk Guritaビーチは、Kakuluk Mesak地区に位置し、北西へのアタンブアの町から約18キロ、そして旅は、約30分かかります。この湾は、以前から自然港として使われています。海水は、澄んで、穏やかな波、白い砂浜は、それを囲む緑の丘が混在しています。Kuit Namon湾は、の楽園です。訪問者は、ビーチからこの湾の周りで釣り活動をすることができ、Gurita湾に直接行くことができるコンカス湖で漁船を使用します。

美しい自然の背景に、Gurita湾では歴史も残っています。以前より、この場所は、Kuit Namonと呼ばれ、取引に使用される自然の港です。大半の職人は、サンダルウッドやキャンドルを探すことを目指すアジアやヨーロッパから来ています。ある日、スペインの商船は、貿易のために、この港に来ました。取引中、突然、船は、巨大なタコにおそわれ、最終的に船がみました。れ以来、この場所は、Gurita(タコ)の湾に改名されました。この難破船は、今までもまだこの湾の底にあります。

このGurita湾に行く場合は、焙煎したトウモロコシと湾岸周辺の人々が販売しているAkar Sembilanを味わうことを忘れないでください。訪問者は、ここから約5キロ距離にある、“Tanjug Berluli“レストランで食べ物を得ることができます。このレストランでは、イカ、カニ、リーフの魚、エビなどのシーフード料理メニューを提供しています。すべてのメニューは、揚げものやローストで、甘酸っぱいソースの形で調理されます。また、Beluの典型的な織物(おりもの)白檀で作られた彫刻、東ヌサトゥンガラ州からお土産に持って来ることができる蜂蜜などのお土産を販売するいくつかの屋台もあります。

Gurita湾観光地周辺には、宿泊施設はありません。この場所を探索する人は、Atambua市内に滞在することができます。Gurita湾観光地に到達するには、Atambua市から、公共交通機関、旅行代理店、オートバイタクシーを利用できます。訪問者は、公共交通機関に1人当たり15.000ルピア、旅行代理店に1グループ当たり250,000ルピア、オートバイタクシーに1人あたり25,000ルピアを支払う必要があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

23
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、インドネシア - パプアニューギニアの国境に位置するKAMPUNG SKOUW (スカウ村) をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Kampung Skouwは、インドネシア - パプアニューギニアの国境に近い村です。インドネシア、パプア、ジャヤプラ市のMuara Tami地区に位置しています。 Muara Tami区には、Kampung Skouw Yambe, Kampung Skouw Sae, Kampung Skouw Mabo3つの村があります。その場所に到達するには、ジャヤプラ市から、約46キロ、車を使用し、約130分から2時間かかります。

Kampung Skouwは、乾燥していて暑いことで有名です。したがって、多くの人は、ジャヤプラの街に移動することを好みます。しかし、Kampung Skouwは、美しく快くなっています。より雄大な境界線と国境ゲートは、この場所を訪れる観光客だけでなく、先住民にとって好きな場所になっています。

国境線と国境ゲートで写真を撮ることに加えて、Kampung Skouwで行うことができる他の活動があります。Kampung Skouw Yambeでは、亀の養殖を見ることができます。 2017中頃から、ジャヤプラ市政府は、Kampung Skouw Yambeをカメツアーの観光地にしました。カメの絶滅を防ぐことに加えて、地域住民の経済を改善します。訪問した観光客は、見て、卵を飼育し、孵化して海に戻すまで捕捉過程から始まるカメの養殖に参加します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

22
May

パソナインドネシアです。今日は、北スマトラ州の料理、Pakatをご紹介します。

Ramadhan月の間に、各地域は、断食明けのための典型的な食べ物があります。北スマトラ州のMedanで、正式に、Mandailing地域では、ラタンの芽または、Pakatである断食明けのためのお気に入りのメニューがあります。Pakatは、野菜や相補的な魚野菜として提示されました。Pakatは、非常に柔らかい質感を持ち、食べやすいラタンの芽です。

Pakatの味は、他の一般的な野菜と同じ、それは、かなり苦いです。Pakatを調理することはかなり簡単です。ラタンの芽は、1メートルの長さに切って、その後、炭火を使って、半時間に焼きます。調理され、白い汁を取り除く時、外層を剥がして肉を取り出します。ラタンの芽の肉を10センチに切ります。白くて、柔らかい肉の部分は、すぐに食べることができます。さらに、Pakatはチョウザメで野菜のカレーを調理することもできます。典型的な味を持つことに加えて、Pakatの値段も経済的です。1万ルピアで、あなたは、5個の調理されたPakatを買うことができます。

Pakatの売人は、通常、焼きPakatと、ココナッツミルクと焼いたココナッツ肉から作られたAnyangソースを売ります。Ramadhan月の時に、Pakatの需要が非常に増えています。Mandailing族に加えて、Pakatは、ジャワやパダンから来た北スマトラに住んでいるほぼすべての北スマトラの住民に人気があります。彼らは、Pakatが食欲を増やすことができると信じています。そのため、Pakatは、常に、断食明けと食事の前に食べています。

苦いであるPakatの味は、他の食べ物をよりおいしくなります。Pakatのもう1つの利点は、健康を維持することです。Pakatは糖尿病、マラリア、高血圧を治療すると考えられています。南Tapanuliである原産地では、Pakatは、断食明けのメニューとしてだけではなく、南TapanuliMandailingの住民のための特別な儀式の時に慣習的な食べ物として使っています。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

18
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、BUBUR KANJI RUMBIというイフタール(断食明け)のためアチェ典型的な料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

お粥は、材料が非常に柔らかくなるまで調理された食品の一種です。米をベースにしたお粥に加えて、米や緑豆で作ることもできます。これらの食品は、どこでも簡単に見つけることができます。その柔らかい食感のために、お粥は、幼児から高齢者まで食べることができます。アチェからパプアのインドネシアの各地域に、お粥があります。お粥を食べる文化は、列島で取引する際に中国の職人が持ち込みました。それ以来、インドネシアの人々は、その習慣模倣し始めました。

インドネシアで、塩味のあるお粥の種は、かなり多様で、地域ごとに違いがあります。例えば、ベタウィの典型的なAseお粥、マデュラの典型的な Manggulお粥、Manadoの典型的なTinutuanお粥、及びアチェの典型的な Kanji Rumbiお粥などです。Kanji Rumbiお粥は、アチェの典型的なイフタールであり、常にラマダン断食月で提供しています。

このお粥は、料理を特別に感じさせる様々なタンパク質や野菜の栄養素が豊富です。通常、ラマダン断食月に、大きなモスクは、この食事を大量に作ります。お粥は、モスクで一緒にイフタールのときに提供されます。お粥がまだ残っている場合、お粥は、信者だけでなく、モスクの周辺の住民全員に配布されます。

Kanji Rumbiお粥は、調味料が豊富で独特の風味があります。主な成分は、粉砕された米、野菜、スパイスです。ジャガイモ、ニンジン、ウコン、ショウガ、タマネギ、スープリーフ、ココナッツミルク、パンダンの葉、レモングラスなどが入っています。アチェの人々にとって、Kanji Rumbiお粥は、イフタールのため食べ物ではなく、風邪薬や胃痛の薬として強力な複数効能を持っています。このお粥を調理するには、大きなキャセロールで23時間かかり、木製ストーブの火を消さないでください。したがって、は、常に利用可能でなければなりません。

Kanji Rumbiの料理の伝統を守るのは、すべての村人の相互合意です。ファンドは、ラマダン断食月の前に人々によって集められます。それは、市民の友情を維持することを目指しています。 Banda Acehでは、Beuraweモスクに加えて、Kanji Rumbiは、どんな食堂でも見つけることができます。ラマダン断食月の以外では、この栄養価の高い典型的なお粥を見つけるのは非常に難しいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

16
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、北スラウェシ州のTondanoの典型的なSATE KOLOMBIをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

北スラウェシ州は、その観光地の美しさだけでなく、様々なユニークな独自の料理も有名です。北スラウェシ州の典型的な料理の味は、インドネシアの他の地域の料理より劣っていません。したがって、北スラウェシ州の典型的な料理を試食することなく、北スラウェシ州を訪問するのはありえないことです。北スラウェシ州の典型的な料理の一つは、Sate Kolombiです。

Sate Kolombiは、金または黒の十分な大きさのカタツムリであるKolombiの肉が基本材料です。Kolombiは、トンダノ湖で生きています。Kolombiを取得するには、通常、網を使います。また、午前中に来なければなりません。なぜなら、暑くなってからでは水面に現れるKolombiが水の中で溺れてしまうからです。

北スラウェシ州の典型的な料理は、北スラウェシ州のMinahasa 地区の Boulevard Tondanoで見つけることができます。通りに並ぶ数十の食べ物屋台があります。また、その場所は、田んぼに位置しているので、美しい風景を見ながらSate Kolombiを試すことができます。したがって、このエリアは、平らな場所にあり、巨大な火口にいるかのように円を形成する山に囲まれています。

Sate Kolombiの味は、北スラウェシ州の大半の人々の好みに合うようにスパイシーです。使用されるスパイスは、ニンニク、タマネギ、カイエンペッパー、ショウガ、ピーカン、ターメリック、ライム、砂糖、塩です。調理する方法は、まず、肉と殻を分離することです。その後、肉は、ゆでてきれいにします。その後、残りのカタツムリの歯は、取り除かれます。その後、肉をスパイスに浸します。してから数時間後、肉を柔らかくするために茹でます。その後、肉は、焼く準備ができています。一度焼いたら、最初に準備された調味料混合物は、Sate Kolombiの上に注ぎます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

15
May

パソナインドネシアです。今日は、北スラウェシ州のWarugaをご紹介します。

この北Minahasaでの史跡を入ることには、少し苦労する必要があります。住民の住宅や土地の後ろに位置することは、この北スラウェシ州に位置する史跡がかなり隠されています。これは、巨石遺物時代からMinahasa人の古い墓であるWaruga Sawangan史跡です。

MinahasaでのWarugaは、紀元前13世紀初頭に栄えたと推定されました。Warugaは、最初に北Minahasa地区のBukit KelewerTremanTumaluntungの地域で現れました。その後、Waruga20世紀初期まで、北スラウェシ州の様々なところで現れ続けていました。戦前の時代、Minahasaの住民はまだ先祖の霊に魔法の力があると信じていました。そのため、墓はできるだけ特殊で綺麗に作られていました。Warugaは、2つの部分に分かれて、それは、身体部分および蓋です。

面白いことは、Warugaは、亡くなった人の親戚や家族によって作られたものではありませんが、死ぬ者によって作られました。瀕死しているときに、完全な物資を持つ後、彼自身が作ったWarugaに入ります。ある日、それが完全に行われると、放棄された家族には良い結果がもたらされます。実際に、北スラウェシ州では、Waruga遺跡が多いです。その一つは、北Minahasa地区のAirmadidi県のSawangan村です。この村では、3つのグループにサイズ的に分かれた143Warugaがあります。

1のグループは、0100センチの高さの小さなWaruga10つがあります。第2のグループは、101150センチの高さの中サイズのWaruga52があります。第3のグループは、151250センチの大きなWaruga81があります。Warugaは、Tombulu語から取って、それは、乾燥する体の家という意味を持つWale Marugaから付けました。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたを愛しましょう。

14
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のDUGDERANの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.id/japaneseできくことができます。

インドネシアの一部の地域は、ラマダンの聖月を歓迎するために行われている伝統があります。その一つは、中部ジャワ州のスマラン市のDugderanの伝統です。Dugderanの伝統は、1881年以来行われており、これまで、スマランの人々によって行われてきました。今日のDugderanの違いは、ダンス、カーニバル、ドラムを打つである人々のパーティーです

Dugderanの名前は、打たれたドラムの音である "Dug"と、花火の爆発音である "Der"から来ます。この名前は、ドラムで始まり爆竹で終わる断食マーカーです。この伝統は、ラマダンの断食月が近いことを人々に思い出させるために開催されます。ラマダンの断食月の前の週には、様々な商品を販売するショックマーケットがあり、このフェスティバルに関連した“Warak Ngendok”マスコットがあります。

Dugderanは、断食の1日前に終了し、Dugderan伝統のトップイベントは、文化的なカーニバルでいっぱいです。この文化的なカーニバルは、通常、スマラン市庁舎から始まります。開会式の後、市長は、スマラン市のKaumanグレートモスクへパンダナラン軍によって護衛されている馬車に乗っています。そこに、市長は、Warak Ngendokによって歓迎されるでしょう。 Warak Ngendokは、中国、アラブ、ジャワの民族であるスマラン市における民族多様性の文化的な変容を表しています。

Dugderanの伝統は、1881年以来、スマランの社会のグループ化を発生するまでオランダ植民地の到着以来のしい動きのため、スマラン人民の平和に対する彼の懸念に基づいて、Kyai Raden Mas Tumenggung Purbaningrat県知事の政権で始まりました。Dugderanの伝統は、統一された、じった、区別なし挨拶されるために喜びの雰囲気の中で社会全体を集めることを目的とします。また、モスクのイマームとの県知事の合意に基づいて、ラマダンの断食月初めに厳密かつ同時に確認することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

11
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、PERESEANという西ヌサトゥンガラ州ロンボクのSASAK部族のダンス芸術をご紹介します。この放送は、www.voinews.id/japaneseで聞くことができます。

男性が自分の能力を証明する方法はたくさんあります。 Sasak部族の男性にとって、彼らの勇気強靭さを証明することは、Peresean ダンスを行うことです。 2人の戦闘機は、互いにかされ、2人の中で最もんな人物を証明します。Pereseanは、ロンボク地域のダンス芸術に含まれています。このダンスは、以前、Sasak Ende部族の男性によって実行され、PenjalinというEnde という厚手い水牛の皮のを使って機敏さを実践しました。このダンスはまた、雨を求めることもできます。意図に応じています。

この伝統は、13世紀以来、Sasak部族の人々によって行われてきました。もし彼らが戦いペレスに勝つならば、彼らは、Pereseanの戦いで勝つ場合、らしいとみなされるでしょう。 Pereseanの戦闘機は、Pepaduと呼ばれ、審判員は、Pakembarと呼ばれます。地元の人々は、このダンスをかなり神聖だと考え、不注意に行うことはできません。Pereseanダンスは、十分にいたSasak部族の男性が行うべきです。 Pepaduは、群衆の中からランダムにPakembarによって選択されます。

 2人のPepaduに加えて、Pakembarと呼ばれる審判員もあります。Pakembarの数は、Pakembar Sediという縁の審判とPakembar Teqaq という中央の審判員の2人がいます。審判員の機能は、試合があまりにも深刻になったときに2人のPepaduを分けることを含む、試合の経過を監督することです。Pakembarはまた、戦闘を続行するためのPepaduの能力をチェックし、群衆から戦闘機を選択するために役立ちます。

Peresean ダンスは、Lombokの典型的な音楽が伴奏されます。使用される楽器は、通常、ゴング、ドラム、リンキック、シンバル、フルート、カンジャーです。 Pereseanでは、Pepaduは、武器の一部であると戦うためのを除き、保護装備は一切使用していません。 Pepaduは、パンツ、パンツをカバーする布、頭の中で結ばれた布を着るだけです。

Pereseanダンスは、通常、十分な大きさの場所で開催され、戦闘機のスペースが狭くなく、観客も見ることができます。戦いは通常、1ラウンド当たり3分間の5ラウンドで行われます。試合が始まる前に、Pepaduは、試合がスムーズに動くように指示と祈りが与えられます。その後、審判員は、戦いの兆候が始まると、を使ってEndeを打ちます。

このPereseanの戦いには、いくつかのルールがありますが、そのうちPepaduは、下腿のような下半身に当たってはいけませんが、背中のような上に当たるかもしれません。それぞれの打撃は、それぞれの値を持ち、このPereseanの勝者は、ラウンドごとに得られた値から決定されます。また、Pepaduは、降伏または出血すると敗北したと宣言されています。 Pereseanとの戦いの後、Pepaduは、すぐに相手といます。これは、戦いが完了したことを示し、復讐は、試合のアリーナの外で行われません。

この芸術は、これまで西ヌサトゥンガラ州のロンボクで保存され続けています。伝統の一部として開催されるほか、Pereseanは、そこに来るゲストや観光客を歓迎するために、しばしば開催されます。それは、ロンボク島、特にSasak族の人々の芸術を保存し、一般に紹介することを目的としています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。