パソナインドネシア

パソナインドネシア (897)

20
February

Image result for GUMUK PASIR PARANGKUSUMO JOGJA

Gumuk Pasir Parangkusumo」は、ビーチの近くにある砂丘で、長い時間にわたって自然に形成されました。特別なのは、「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘が世界に2つしかないこと、つまりmexicoyogyakartabantul parangkusumoビーチ地域に1つしかないことです。「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘は、非常にまれで驚くべき自然現象で形成されたもので、現在ジョグジャで人気の観光地です。

Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘の存在は、yogyakarta市の北にあるメラピ山の存在に直接関係しています。これは、古代のメラピ山が超強力な力で噴火し、火山性の砂や塵がyogyakarta中に散らばっていたために起こりました。徐々に、メラピ山は北部に位置し、土壌条件がより高いところから、火山性の堆積物が雨によって運ばれ、南海岸の河川へ流れ込みました。

南海岸に到達すると、火山の堆積物は有名な南海岸の波と衝突したため、小さな粒子になり、最終的に風によって運ばれて現在の「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘のある地域に運ばれました。もちろん、自然現象は今でも非常に長く続いています。 [Gumuk Pasir Parangkusumo]砂丘では、さまざまな活動を自由に行うことができます。観光客が夢中になる最近の活動の1つは、、「サンドボーディング」を楽しむか、ボードを使用して砂丘で滑空することです。このゲームまたはスポーツは「スノーボード」に似ていますが、砂を利用しています。

Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘の場所は、Parangtritisビーチの人気の観光エリアにあるため、非常に簡単にアクセスできます。実際「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘はYogyakarta市の中心部からかなり離れていますが、「Gumuk Pasir Parangkusumo」砂丘からの道路からアクセスしやすく、それは非常に整備されているので、簡単に訪れることができます。

17
February

Image result for pantai nunsui kupang ntt

ヌンスイビーチは、東ヌサトゥンガラのクパンにあるライサナビーチとマニキンビーチという2つの観光ビーチに隣接しています。このビーチは、クパン市の東部、正確にはクパン市クラパリマ地区オエサパ村にあります。ヌンスイビーチにくのは難しくありません、クパンの中心部から自動車20分しかかかりません。

リスナーの皆さん、ヌンスイビーチは、周囲のコミュニティから「バトノナ(ノナの岩)」ビーチとも呼ばれています。なぜならこのビーチには、女性のような形をしたサンゴがあるからです。その女性に似たサンゴ礁は海岸にあります。訪問者はノナの岩に登り、遠くに美しい「クパン湾」を見ることができます。

さらに、訪問者は美しい夕焼けも見ることができます。日没を待っている間、訪問者は、訪問者用に作られた岩の土手の上に座って、ビーチの冷たい空気を楽しむことができます。この岩の堤防で釣りをすることもできます

遊びに疲れたら、泳いでヌンスイビーチまたはバトノナビーチの美しさを楽しみましょう、日光浴をしたり、ビーチ周辺のトレーダーが販売するローストコーン、焼きバナナ、新鮮なココナッツアイスなのスナックを楽しめま

05
February

Image result for pulau lihaga sulawesi utara antara foto"

パソナインドネシアです。今日は、北スラウェシ州のLIHAGA島の観光地をご紹介します。

北スラウェシ州は、マナドまたはブナケン海域の美しい観光で知られているだけではありません。しかし今、観光客の注目は、リクパン地域の超優先観光地にも目を向けています。これらの観光地は、北スラウェシ州の北ミナハサにあります。現在、リクパンは経済特区の建設中でもあります。リクパンを訪れる理由はたくさんあります。リクパンの観光地は、北スラウェシ州の他の人気のある観光に引けを取らない美しさです。その一つが、リハガ島です。リハガ島は、北ミナハサ県のリクパン地区にある無人島です。この島の広さはわずか8ヘクタールで、大きすぎず、しかしくほどの観光の可能性を秘めています。遠くから見ると、この島には、青い海とは対照的に、白い砂が広がるビーチがあることがわかります。

リハガ島に到達するためには、マナド市からリクパンに向かって約90分かけて、最初の目的地であるセレイ港に到着する必要があります。さらに、地元の漁船を使用して約40分の移動をしなければなりません。船のレンタル価格は、20人乗りのもので約80万ルピアです。リハガ島では、ビーチの清潔さが維持され、きれいな白い砂浜がますます魅力的になっています。ビーチの美しさに加えて、リハガ島には、魅力的な水中世界もあります。まで行く必要はありません。浜辺でダイビングやシュノーケリングをするだけで、何千もの魚が泳ぎ回っています。リハガ島には、居住者はいませんが、トイレや泳いだ後の更衣室などの観光客用の施設がいくつか用意されています。また、支払いを心配することなくリハガ島に滞在することもできます。しかし、この場所には、レンタルを提供する人がいないので、すべてのテント設備を自分で準備し、持ち込む必要があります。

リハガ島には住民がいないため、リハガ島を訪れて一晩滞在する予定がある場合は、何よりもまず食べ物や飲み物を持参することを忘れないでください。リハガ島には食べ物を売る屋台がないからです。島の観光地の施設とインフラは、実際には不完全ですが、冒険が好きな人にとっては、リハガ島に挑戦するのも悪くはありません。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

03
February

Image result for ritual haroana sultra antara foto"

ペソナインドネシアです。今日は、南東スラウェシ州のHAROANAの儀式をご紹介します。

バウバウは、南東スラウェシ州ブトン島の都市です。その戦略的な位置により、バウバウは国内の海運ラインで重要な役割を果たし、特に貿易およびサービス部門における人口活動の中心として発展しています。バウバウには、豊富な水産物を使った海洋活動も多数あります。

主に漁師として生計を立てるバウバウ市の人々は、自然に海に依存しています。地元の住民、海に関連する様々な伝統的な儀式があるのも不思議ではありません。その1つは、ハロアナアンダラ儀式という伝統的な海の饗宴です。この儀式は、海から得られる神のみが豊富なバウバウ市、Bone-Boneの漁師の感謝祭です。また、海にいる間にの豊かな収穫を増やす神への祈りでもあります。

ハロアナアンダラの儀式が行われとき、バウバウ市バトゥポアロ地区のBone-Bone村の漁師は、海辺に集ま儀式は、地元の伝統的な長老が率いる祈りとマントラの朗読(ろうどく)から始まります。祈り音読後、何人かの若者3メートルの大きさのいくつかの竹ので作られた小さないかだを持ち上げまいかだの中には、もち米、いくつかのタバコ、焼き魚、種類の伝統的なケーキ、雄鶏雌鶏2羽の鶏など、様々な種類の食べ物があります。その後、いかだは、2つの小さなボートに持ち上げられ、すぐに海の真ん中に持ち出され漁船に乗った人々が続きま海の真ん中に到着した後、人々は、海へいかだをます。

いかだを投げ入れた後、Bone-boneの村人は、中部ブトン県、ラクド地区、ワラ村にある古い墓を訪れまその古い墓は、南スラウェシ州のBone-bone県の漁師であるアンディ・ママジュの墓です。彼は、Bone-boneの村人に魚釣りを教え最初の人として知られています。祈った後、人々は、それぞれの家に戻りま数百年前に行われたこの儀式は、地元の習慣を守るために、また文化観光の場としてBone-boneの村人によってまだ開催されています。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

31
January

Image result for RUJAK GAMEL JAWA BARAT ANTARA FOTO"

パソナインドネシアです。今日は西ジャワ州のRUJAK GAMELという料理をご紹介します。

インドネシアのグルメ観光では、Rujakという名前の料理を簡単に見つけることができます。ルジャクは、通常、様々な種類の野菜または果物を混ぜて作られる伝統的な食べ物です。さらに、唐辛子を混ぜた調味料またはソースを加えます。インドネシアには、様々な種類のルジャクがあり、各地域ごとに独自の特徴があります。例えば、西ジャワ州のチレボンに行くと、Rujak Gamelという名前のルジャクの種類があります。このルジャクは、チレボン県、プレダー地区のガメル村が発祥なので、ガメルと呼ばれています。

 Rujak Gamelは、野菜ルジャクの一種です。具材は、ゆでた空芯菜、麺、キャベツ、きゅうり、豆腐、揚げ物で構成されています。ユニークなのは、Rujak Gamelには、「クルプックteles」が添えられています。これは、揚げずにゆでたクルプックです。食感は歯ごたえがあり、旨味があります。このルジャクを食べると、すぐに辛味を感じます。この調理された辛味は、Rujak Gamelのサンバルを作るのに使用されるチレボン特産のエビペーストから作られています。

Rujak Gamelは、一食当たり10,000ルピアといった比較的安い価格で、チレボン地域、特にチレボンの観光地で簡単に見つかります。そこを訪れたときには、Rujak Gamelを楽しむことに加えて、チレボンの様々な他の名物料理も試してみてください。Tahu Gejrot, Nasi Jamblang ,  Empal Gentongといった料理は、必ず味わう必要があるチレボンの名物料理です。なぜなら、味がユニークで美味しいからです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

29
January

Image result for telaga biru jambi antara foto"

パソナインドネシアです。今日は、ジャンビ州の魅力的なTELAGA BIRU(青い湖)の観光地をご紹介します。

ジャンビには、自然と文化の両方で、非常に美しい自然観光の可能性があります。ジャンビではまた、山、湖、滝、温泉、洞窟、ジオパーク、または現在開発中の様々な近代的なツアーなど、多くの観光地を探索できます。その1つが、ジャンビ州メランギン県、ジャンカット地区タンジュンアラム村のTELAGA BIRU(青い湖)です。この湖は、海抜2033メートルの標高にあり、クリンチスブラト国立公園に直接隣接するその他の生産林を含んでいます。ここに来る観光客は、ここにしかない自然の美しさに出会えます。湖の水は青く澄んでいます。湖の底まで見ることができます。周囲の緑豊かな木々に覆われているので、空気も涼しいです。

青い湖の間を走る倒木もあります。この木は、地元の住民が休憩所として建てたコテージへの橋として使用されています。このれた木の存在は、インスタグラム映えする天使の写真を撮る興味深い場所になりました。地元の話によると、この湖は、いつものように森の周りで鳥の狩をしていたタンジュンアラムの村人によって偶然発見されました。そして、その住民の一人が、この湖を発見したことを他の村人に話しました。しかし、メランギンの県長が2016年に訪れたときにTELAGA BIRU(青い湖)と名付けました。

ジャンビ市からは、メランギン県に向かうには、二輪車または四輪車を使用できます。そしてメランギン県の中心部のバンコから、スンガイテナン地区のタンジュンアラム村に向かって移動する必要があります。 TELAGA BIRUの場所は、マスライ山周辺であるため、徒歩で約12時間移動する必要があります。体調を万全にしておくことに加えて、十分な物資を持参することもお勧めします。友人たちとやかにここを訪れるとより楽しく、移動もより楽しく感じられるでしょう。タンジュンアラムジャンカット村からTELAGA BIRUへは、二輪車を使用して約3時間、または徒歩で7時間で行くことができます。

最近、TELAGA BIRU は、ソーシャルメディアで非常に話題になりました。湖の水は青く、わずかに緑がかった色調であるため、地元の住民はしばしばTELAGA HIJAU「緑の湖」と呼んでいます。ここでもう一つ面白い景色は、湖の底にある緑のです。とても魅力的で、非常にユニークな水の色とうまく調和しています。 TELAGA BIRUの場所は、確かに森の奥に隠れているので、その存在を知っている人はあまりいません。しかし、間違いなく、この場所はとても美しく、涼しいです。自然の魅力を満喫しリラックスするつもりなら、この目的地がぴったりです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の 魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

27
January

Image result for air terjun kembang soka jogja antara foto

ソナインドネシアです。今日は、ジョクジャカルタ特別州の KEMBANG SOKASOKAの花)滝をご紹介します。

クロンプロゴは、ジョグジャカルタ州の県の一つです。この県は、茶畑、滝、ビーチなどの自然の魅力を提供しています。今回のペソナインドネシアでは、クロンプロゴの観光名所の1つであるKembang Soka滝を紹介します。この滝は、かつてソカヤンの花の木があった場所にあるKembang SokaSokaの花」の泉から発生するため、Kembang Soka滝と呼ばれ、その大きさは非常に大きいです。水は常に一年中流れており、地域住民が日々の生活に利用しています。

Kembang Soka滝は、ジョグジャカルタ特別州、クロンプロゴ県、ギリムリョ地区、ジャティムリョ村にあります。ジョグジャカルタ市の中心部からの距離は約32キロです。所要時間は約1時間です。道路状況は、特に丘陵地ではがりくねっています。駐車場に到着すると、谷底にあるため、水まで歩いて行く必要があります。 Kembang Soka滝に入るには、1人あたり6,000ルピアのチケットを支払う必要があります。駐車場からは、地元のコミュニティに属する森林を通る道を歩かなければなりません。崖の端に達すると、上から美しいKembang Soka滝を見ることができます。

Kembang Soka滝は、実際には3つの水源、すなわち、Kembang Soka (Toyotombo)泉、生計の源と解釈できるトゥクジャラン泉、およびカリミリ泉合流したものです。これらの3つの泉が、高さが約5メートル、15メートル、30メートルの3つの小さな滝に姿ます。 3つの泉は、約40メートルの最大の流れで合流します。に向かって歩くと、Tukというジャランの噴水から来る最初のプールに到着します。このプールは、Kembang Soka滝で最初のものです。

谷の底に向かって、滝の正面を通る木製の橋の形の道があります。この最初の滝の流れは、上部のムダル川から来ています。進み続けると、手前流れから流れ落ちてきたかなり大きな滝が見つかります。 Kembang Soka滝は、下の大きな池に流れ込みます。木製の橋はこの池で終わりま非常に大きいことに加えて、この池の水源は、1つの滝からだけではありません。また、プールの西側には、ミリ川という別の滝があります。

この滝には、いくつかの水のプールがあります。池の水は、メノレ丘陵の泉から来るので、とても新鮮で冷たいです。プールに身をじたら、ゆっくりといでKembang soka滝のプールにりたいと思うことでしょうこの滝に到着したらKembang soka滝の美しさと自然を写真やに残すことも忘れないでください。Kembang soka滝には、駐車場、バスルーム、レストランがあり、心配する必要はありません。

これで、ソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

20
January

Image result for danau semayang samarinda

ソナインドネシアです。今日は、東カリマンタン州のSEMAYANG湖の観光地をご紹介します。

クタイカルタネガラは、東カリマンタン州の県の1つです。クタイカルタネガラ県は、東カリマンタン州で最大の川であるマハカム川横切っています。この川は、水源、漁業の可能性、交通インフラ、そして観光として、周辺のコミュニティの生活に常に重要な役割を果たしてきました。マハカム川からそれほど遠くないところに、マヤン湖という観光名所があります。この湖の面積は約13,000ヘクタールです。

マヤン湖は、クタイカルタネガラで最大の湖です。この湖は、トマンフ、ライス、ジェラワット、プユ、巨大エビなど、様々な種類の魚の生息地です。スマヤン湖に生息する様々な種類の動物の中には、ここを訪れ観光客が常に待ち望んでいる2つの珍しい動物、すなわちペストとヘビペクがあります。スマヤン湖の美しさと生物多様性を楽しむために、かなり手頃な価格でボートでこの湖を探索できます。

特に湖の村の1つであるペラの村が観光村に発展してからは、スマヤン湖の観光施設はすでに十分です。ペラ観光村のマネージャーは、訪問者のために駐車場、トイレ、礼拝室、屋台、さらには宿泊施設を提供しています。スマヤン湖周辺の村の住民のほとんどは、漁師や農民として生計を立てています。スマヤン湖に水が満ちている場合、住民は魚を見つけるために働き、乾期にはスマヤン湖が干上り、住民がそれを利用して米やトウモロコシを栽培できます。

東カリマンタンの首都サマリンダからスマヤン湖に行くには、車を使い陸路でバンガン市に行くことができます。バンガン市からスマヤン湖までは、約50,000ルピアから60,000ルピアまで料金でcesというスピードボートを利用する必要があります。

これで、ソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

17
January

Image result for air dohot tanjung pinang antara foto

パソナインドネシアです。今日は、リアウ諸島州タンジュンピナンAIR DOHOTという飲み物をご紹介します。

ある地域に旅行したが、地元のさまざまな料理を試していない場合、完全とは言えません。例えば、タンジュンピナンを訪れた場合、典型的なスナックを試さないと不完全です。リアウ諸島のタンジュンピナンは、マレー文化の影響を受けているため、スナックもマレーの特徴が強いです。タンジュンピナンの料理は、マレー文化の影響を受けていることに加えて、タンジュンピナンが、海に囲まれているため、多くの水産物からも作られています。魚介類から作られた典型的なタンジュンピナン料理は、Otak-Otak, Gonggong Luti Gedangなどです。

様々な典型的な食べ物を楽しむだけでなく、様々なタンジュンピナンの典型的な飲み物も試してみてください。その1つはAir DohotDohot水)です。Dohot水は、非常にユニークな典型的なマレーのさわやかな飲み物です。Dohot水は、ドーホットフルーツ、ナツメヤシ、リュウガン、レーズンなどのドライフルーツを使用します。ロホト果実自体は、赤い色と甘い果肉、ナツメヤシに似た味と食感を持っています。果物は水に混ぜられます。水自体は、ゆでたドライフルーツとロックシュガーの結果です。色は茶色で、味がとても甘いので、特にアイスキューブを加えた場合はやかです。

とはいえ、Dohot水は、貴族や国王の飲み物です。今、人々はそれを楽しむことができます。この典型的なタンジュンピナンの飲み物は、マレーレストランまたはタンジュンピナンの伝統的な市場で楽しめます。価格は比較的安く、8,000ルピアから 10,000ルピアまでです。甘くてさわやかなことに加えて、Dohot水には、特性があります。地元の人々の考えによると、このDohot水は、内部から除去するのに非常に効果的です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。