パソナインドネシア

パソナインドネシア (759)

09
November

パソナインドネシアの時間です。今日は、ロンボク島のRoah Segareの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

インドネシア人の大半は、農家や漁師として働いています。したがって、人々の職業と関係する様々な伝統があることは、驚く事ではありません。例えば、ロンボクの人々によって、行われるRoah Segareの伝統です。この伝統は、豊かな海産物に対するKuranji Dalang村の漁師の神への感謝の形です。 Roah Segareは、イスラム暦のMuharram月に開催されます。今年は、西ロンボク県、LabuapiKuranji Dalang村のKuranjiビーチで開催されました。

先の、114日には、Labuapiの数百人の漁師が、Roah Segare伝統を開催するために、Kuranjiビーチを埋(う)くしました。この伝統は、感謝の気持ちを表すものとして、現在まで、代々受け継がれ、また、あらゆる種類の災害からざけられています。Roah Segareの行列は、BarzanjiSelakaranZikirを読み、神への祈りで始まります。その後、Dulang Penamatというお供え物のために祈り、ビーチに運ばれます。その Dulangは、海に流されます。流すのは、豊富な海産物に対する漁師の感謝の象徴です。

Roah Segareの伝統には、行わなければならない、いくつかの慣習的な決まりがあります。例えば、漁師は、Roah Segare儀式が行われた後、3日間、海に行くことはできません。これは、漁師が海産物を取った後、海に回復する時間を、しばらく与えるためです。地元の人々は、決まりを破ると、漁師は、災難に会うと信じています。3日後、漁師たちは、新しい希望と熱意で、豊富な海産物を得るために海に行くことができます。  

海に流した後、人々とお客は、既に、お祈りが、されている食事で、もてなされます。彼らは、一つの大きな器、またはトレイで一緒に食べる Begibungという伝統儀式を行います。一緒に食べる事は、Kuranjiビーチでの漁師の共生と家族主義の表れです。Roah Segareは、単なる伝統ではなく、西ロンボクで観光のアイコンの一つになるために行われ、発展し続けています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

05
November

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のHYANG DARUNGAN BREMI滝をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州の地区の一つであるプロボリンゴは、海外でもよく知られているブロモ山のような多くの観光の可能性を秘めています。Bromo山は、Bromo Tengger Semeru国立公園にあります。この国立公園は、山の自然を観光できるだけではなく、Hyang Darungan Bremiという素晴らしい滝の観光地もあります。

Hyang Darungan Bremiの滝は、行政上は、東ジャワ州のKrucil地区のBremi 村にあります。この観光名所に行くには、プロボリンゴからBremi 村への公共交通機関を利用して約1時間かかります。それからBremiの観光地の入り口から滝まで、徒歩で約2時間かかります。

入口から滝までの旅は、本当に簡単ではありません。なぜなら、通っていく道は、だらけの急勾配だからです。この道は、狭くなっており、1人しか通ることができません。また、川や岩を渡らなければなりません。非常にしい行程なので、この観光地に達するには十分な体力が必要です。

Hyang Darungan Bremiの滝には、どちらも同じように美しい2つの滝があり、1つは上、もう1つは、下にあります。これらの滝の両方に、冷たくて新鮮な水が流れています。下の滝は、約15メートルの高さです。この滝では、水浴びをしてHyang Darungan Bremiの滝を楽しむことができます。

上の滝に行くには、下の滝から約500メートル歩いて行かなければなりません。上の滝から見える景色は、間違いなく他の滝より美しいです。この滝の高さは、約20メートルあり、下には、岩場があります。観光客も、魅力的な新鮮な自然の景色を感じながら、滝の下で水を浴びて泳ぐことができます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

02
November

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のThengulダンスをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

今月、1124日と25日に、東ジャワ州Bojonegoro地区、政府は、120人のダンサーが参加する大規模なThengulダンスを行います。このダンスは、BaurenoGajah 村の旧石灰岩採掘で、Gajah Watu Jodoという レリーフ デザイン コンテストで行われます。大規模なThengulダンスのほかに、この、レリーフ デザイン コンテストは、首都の歌手とアーティストが盛り上げます今回のペソナインドネシアでは、Ganaha Watu JodoのレリーフにあるThengulダンスを紹介します。

Thengul ダンスは、東ジャワ州Bojonegoro地区Wayang ThengulThengul人形)からインスピレーションを受けた伝統的なダンスです。このダンスは通常、3次元の形をしたThengul 人形に似た、動きと表現と衣装で、集団で上演されます。このThengulダンスは、芸術のために創造された独創的なダンスであり、時代の発展と ともに消滅するWayang Thengulの芸術を、再び、らせるための感謝と努力の一形態です。この新しい創造的なダンスは、1991年、東ジャワ州の文化イベントで展示するために、Bojonegoroの教育文化庁の要請により、Joko SantosoIbnuSutawaによって創作されました。このイベント後、Thengul ダンスは、好評し、最高のパフォーマンスのカテゴリーを獲得しました。それ以来、このダンスは、多くの人に知られ、Bojonegoroの伝統的な踊りのひとつになっています。

Thengulダンスは通常、7人の女性ダンサーによって行われます。ダンサーは、ぎこちない動きと可愛い表情で踊り、それは、この踊りの特徴の1つとなり、上演のたびに、ユーモアの印象を出し、喜ばせます。ダンサーは、人形のような衣装をにつけ、化粧をします。ダンサーの顔は、眉)、目は、黒い線で、白く化粧されます。 身につける衣装は、上部には、kemben(胸当て)のような衣装が、下部には、bledakのモチーフの長い織物を使用します。 Bledakのモチーフは、白い、象牙色クリーム色を基調にしたモチーフです。頭の上には、頭部のアクセサリーの一種であるcundhukを使います。

パフォーマンスでは、Thengul ダンスは、oklikithik - ithik、バイオリン、laras slendroガムランなどの様々な伝統楽器により伴奏されます。伴奏音楽以外に、歌も一緒です。現在、Thengul ダンスは、Bojonegoroや他の地域の文化祭で常に上演される事により、保護され続けています。このダンスは、Bojonegoroを訪れる来賓歓迎するために、しばしば上演されます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日もほかの魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

31
October

ペソナインドネシアの時間です。今日は、西ジャワ州スカブミのCURUG PUNCAK JERUKPUNCAK JERUK滝)をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

スカブミでは、まだ観光客がほとんど訪れていない隠された観光地があります。その一つは、Puncak Jeruk 滝です。その隠れた場所に加えて、この場所は、森の真ん中の場所に到着するのに苦労するため、ほとんど訪れません。重い地形を持っており、簡単にアクセスすることはできませんが、この場所は、日常の疲れを忘れ、くつろぐことができる観光客の選択肢です。

Puncak Jerukの滝は、南Sukabumi WaluranMekar Mukti 村にあります。一見すると、この場所は、ダムのように見えます。しかし、既に滝の中には、しい流れがあります。一つだけでなく、2つのテラス滝があります。それぞれの高さは、約15メートル、幅は、約50メートルです。形状は、多くの人がナイアガラの滝のようだというようにユニークで魅力的です。

深く流れる滝は、Puncak Jeruk 滝の唯一の魅力ではありませんここでは、観光客が、利用可能なテントエリアに滞在することができます。緑の木々の美しさを楽しんでいる間、野外での一晩は、確かに忘れられない経験になるでしょう。乾季に訪れた場合、滝の美しさを最大限に見ることができない可能性があります。なぜなら、乾季に流れる水の流れは、劇的に減少するからです。したがって、雨季Puncak Jeruk 滝を訪れることをお勧めします。

Puncak Jeruk滝を訪れることに興味があるなら、場所は、森の真ん中にあるので、アクセスは、かなり難しいです。スカブミ市から、車をMekar Mukti 村に向けて、森林地帯に入ります。オフロード愛好家は、通常、この滝への道の地形を愛するでしょう。アクセスは、岩が多いです。したがって、通常の車両で行くことはお勧めしません。地形を征服(せいふく)するためには、4×4タイプの車両、またはこの岩道のために改造された二輪車が必要です。困難なアクセスと重い地形では、観光客が車がトップコンディションにあることを確認する必要があります

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日もほかの魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

29
October

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ジャワ州のCIANGSANA観光村をご紹介します。この放送は、

大都市では、自然観光できる多くの憩いの場はありません。なぜなら、憩いの場は、人工遊園地、ショッピングセンター、人工公園などから遠く離れていないためです。したがって、多くの都市に住む人々は、休暇のために町から出て行きます。一つの例として、西ジャワ州の地域が挙げられますこの州には、自然をテーマにした観光スポットがたくさんあります。ジャカルタのような大都市に住む多くの人が、西ジャワとその中の都市を休暇の目的地の一つにしています。これらの観光スポットのひとつCiangsana 観光村です。

Ciangsana観光村は、西ジャワ州、Gunung Putri 地区、Ciangsana区のボゴール市に位置しています。この観光村は、静かで美し村の雰囲気を持っています。この観光スポットは、西ジャワ州で休暇によく利用されるいくつかの村のひとつです。その理由は、ジャカルタの街に非常に近いためです。この観光村は、海外の、より正確には中国と日本の田舎の雰囲気を提供しています。

Ciangsana 観光村は、以前、中国の村と日本の村と呼ばれていましたが、この2つの興味深い名前は、Ciangsana 観光村という名前になりました。中国と日本の田舎の雰囲気だけでなく、この村は、Arwana湖とCibuburの村など、典型的な西ジャワの雰囲気を持っています。

Arwana 湖には、特に子供向けの遊び場や教育施設があり、農作物や米の栽培、田んぼの耕作(こうさく)、アウトドア・ライド、プール、釣り場、子供向けの特殊車両など、魅力的な活動ができます。一方、 Cibubur村は、インドネシアの典型的な雰囲気を持っています。Cibubur 村は、伝統的な村、村落(そんらく)、家族の村、インドネシアの村など、いくつかの村に分かれています。

この観光村は、CikeasGunung PutriJatiasihBekasiの地域を結ぶ境界であるCiangsanaゲートからあまり離れていません。この観光スポットを訪れるには、ジャカルタからの観光客は、自家用車や公共交通機関を利用できます。ジャカルタ方面から自家用車を使用する場合は、ジャゴラウ(Jagorawi)の有料道路へ向かい、Cibubur料金所で降りてください。一方、公共交通機関を利用する観光客は、TransJakartaバスを利用してKampung Rambutanターミナルを通過し、青い都市交通121または121Aに乗ます。どちらもCileungsiCiangsana地域に行きます。観光村は、文化と伝統の雰囲気漂よう地域集落と同です。これらの観光地に来場する観光客は、無料です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

30
October

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州のPeurateb Aneuk伝統をご紹介します。

アチェ州の住民は、彼らの子供の子守歌にユニークな伝統があります。その伝統の名前は、Peurateb Aneukまたは、Peuayon Aneuk伝統です。Peurateb Aneuk伝統は、アチェ住民の子供の子守唄を歌うことの形の文化です。Peurateb Aneuk伝統は、本質的には、アチェの子供達の行動と性格を植えるという枠組みの中で、早期幼児教育の概念です。歌った詩は、一神教、英雄主義、愛国心、高貴な態度や行動、親や教師の愛などの価値を浸透させるのに役立つ価値ある詩です。

時代を経過とともに、Peurateb Aneuk伝統はますます放棄されています。この伝統を維持するため、Lhokseumawe政府は、数日前に、Lhokseumawe市のMuara Dua県のLapangan Kandangで、Lhokseumawe伝統的な文化フェスティバルを開催しました。このフェスティバルでは、Peuayon Aneuk大会を開催しました。

Peurateb Aneuk大会の評価は、美学、詩の適正、詩的な意味、使用される財産に焦点を当てていました。シャリーアイスラムを適用する国として、一部の参加者は、子供を振るながらZikirを聖歌しました。Zikirと詩を混ざる参加者もいます。この大会は、アチェの地元芸術の接着剤で、若い世代がこの伝統を教えるために開催しました。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

17
October

ペソナインドネシアの時間です。今日は、ジョクジャカルタ特別州のCANDI ABANG(アバンの寺院)をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

ジョグジャカルタ特別州には、丘とビーチの自然観光地、寺院や博物館の歴史観光、人工地としてのジョグジャ湾とシンダ・エドパークなど、様々な観光地があります。それぞれの観光地は、確かに独自のユニークさを持っています。例えば、信じられないほどの自然の景色を持つ丘の上の歴史的な観光地であるCandi Abang(アバンの寺院)です。

Candi Abangは、美しい丘の中の寺院であり、一人で過ごす場所として、または日常からの疲労をなくす場所として使用するのが適切です。この寺院は、古代マタラム時代の9世紀と10世紀に建てられました。その形状から見て、Candi Abangは、乾季は、不毛で荒涼としたニュアンスを持つ丘のようです。しかし、雨季になると、周囲の緑の景色で涼しい雰囲気があなたの目の前に提示されます。

この場所を訪問すると、間違いなく驚くでしょう。なぜなら、この地域には、寺院の兆候がなかったからです。実際に、寺院の兆候はなかったが、その場所は、どこかで消えていたようです。残骸だけがまだ残っています目に見えます。これらの破片は、レンガのような赤です。この場所の真ん中には、赤レンガのように見える穴もあります。

Candi Abangに向かうには、車両のアクセスはありません。観光客は、りやすいの道でを歩かなければなりません。上に到達した後、美しさは、それ自身で提示されます。畑の緑は、忘れられない光景です。天気の良い日には、この場所からメラピ山を見ることができます。歩くことやアクティビティにきてしまった後、観光客は、利用可能な小屋で休憩することができます。

Candi Abangは、Sleman 地区BerbahJogotirto村やSentonorejo村にあります。この観光地へのアクセスは、非常に簡単です。場所への指示は、有益で簡単に行われます。 Candi Abangに到着すると、車は、その場所からあまり遠く離れていない住民が所有する家屋に駐車することができます。この料金は、車両1台あたり2000ルピアです。

これで、ペソナインドネシアを終わります。

15
October

ペソナインドネシアの時間です。今日は、マルク州のHOKO滝をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

マルクの自然状態は、本当に魅力的です。これは、水中ツアー、美しい島々、素晴らしい景色を楽しめるビーチなど、訪れることができる多くの素晴らしい自然ツアーで見ることができます。Kei Besar島は、自然観光の可能性を多く持つマルクの島のひとつです。その自然観光とは、マルク州南東マルクKei Besar区のホコ村にあるホコ滝です。

ホコ滝には、大きくした石の(かたまり)を通って下の自然のプールに流れ落ちる透明で澄んだ水があります。ホコ滝のプールには、スカイブルーとターコイズグリーンのグラデーションの澄んで穏やかな水があります。この池では、通常、観光客は、泳いでホコ滝の美しさを楽しみます。また、観光客は、巨大な岩石から下の池に滑り込むこともできます。その美しさのために、ホコ滝は、マルクで休暇を取るときに訪れなければならない観光地のひとつになっています。

その美しさのために、Kei諸島の自然観光地は、2016年にインドネシア共和国観光省から、インドネシアのエンチャント賞で、インドネシアで最も人気のあるされた楽園のひとつとして貴重な賞を受賞しました。ホコ滝は、人気のある観光地の一つとなっていますが、美しさと自然さはまだよく保存されています。

ホコの滝に行くには、訪問者は、アンボンのPattimura国際空港から東南マルク地区のKarel Sadsuitubun空港までの飛行機を利用してKei 諸島を訪れることができます。東南マルクに到着した後、Elat村へのWatdekの港からの高速船を使用する必要があります。Elat 村に到着した後は、Hoko 村への Ojekと呼ばれるオートバイのタクシーサービスを利用できます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

10
October

ペソナインドネシアの時間です。今日は、北スラウェシ州のLINOW湖をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

トモホン市は、ロコン山とマハウウ山の2つの山にまれました。この場所は、美しい自然の景色でとてもクールだと思います。トモホンは、花を育てることによって、千花の都市と呼ばれます。トモホンの主要観光地の一つは、Linow湖です。

Linow湖は、北スラウェシ州南トモホンのLahendongに位置しています。 Linowという言葉は、水を集める場所を意味するlilinowanミナハサ語から来ています。湖の水の色は、緑、青、茶色に変わることがあります。水の色の変化は、湖にもれた硫黄元素と太陽の光線反射屈折によって引き起こされます。午前中は、湖の美しさを楽しむのに最適な時期です。なぜなら、その時、空気は、まだ清潔で、湖の周りの天気は、まだとても冷たかったからです。また、雰囲気は、とても静かで落ちいていました。

Linow湖のエリアに入ると、悪臭を感じます。臭いは、数百年前、Mahawu山の噴火による硫黄から出ています。したがって、この湖の水は、硫黄水であるため、観光客は、泳ぐことができません。なぜなら、硫黄の含有量が体をつける可能性があるからです。

トモホン市の中心部からLinow湖に向かうには、自動車で約20分かかります。この観光地の場所は、道路に簡単にアクセスすることができ、地形は、非常に簡単です。観光客は、紅茶やコーヒーを飲みながら、Linow湖の自然の美しさを楽しむことができます。これらの飲み物は、Linow湖のエリアにある店舗や屋台で入手できます。価格は、比較的安く、5,000ルピアから25,000ルピアに及びます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

08
October

ペソナインドネシアの時間です。今日は、リアウ諸島州のRUPAT島をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

群島国家であるインドネシアには、ジャワ島、カリマンタン島、スマトラ島などの大きな島に加えて、自然観光の可能性をたくさん秘める小さな島もあります。例えば、マラッカ海峡にあるRUPAT島です。行政上は、この島は、リアウ州のベンカリス地区にあります。

1,524平方キロメートルの面積を持つRUPAT島は、マレーシアとスマトラ島の間にあります。この島のビーチは、マラッカ海峡に直に接しています。この島には、RUPAT島のペソナビーチと呼ばれるビーチがあり、タンジュンラパン(Tanjung Lapin)、テルクルー(Teluk Rhu)からタンジュンプナク(Tanjung Punak)までRUPAT島の3つの地域に広がっています。したがって、RUPAT島のペソナビーチは、しばしば各地域の名前で呼ばれます。

RUPAT島の魅力は、その自然の美しさだけではありません。島には、独特なダンス、すなわちZapin Api ダンスもあります。マレーの音楽を伴ったこのダンスは、神秘的なニュアンスでいっぱいです。なぜなら、アトラクションが始まる前に、5人の男性ダンサーが、えているのまわりを回からです。このダンスの間、観客は、火をつけることができません。リーダーが2人の高齢者しか残されていないため、このダンスは、危機にしています。このため、この舞踊は、絶滅してこの国の後継者のための単なる物語にならないため、後継者が必要です。

RUPAT島は、プカンバル、ドゥマイ、ベンカリスから向かうことができます。RUPAT島への主要な輸送ルートは、海路です。ドゥマイから出発する場合は、出発時間が予定されているDumai-Rupat間のローロー船を利用することができます。ドゥマイからRUPAT島までの旅は、約2030分かかります。一方、Bengkalisから出発する場合は、約2時間かかります。残念ながら、Rupat 島には、星つきのホテルはまだありません。民家の大部分は、観光客向けにし出されていて、ゲストハウスやホームステイを利用することができます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。