パソナインドネシア

パソナインドネシア (759)

26
September

ペソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州ソロ市のLEDRE PISANGのケーキをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

ソロ市の最も有名なお土産の一つは、セラビです。このソロの特有の料理は、1920年代からすでにありました。おいしく、その変わらない味により、セラビは、ソロの主力のお土産となります。しかし、セラビだけでなく、他のおいしいお土産もあります。Ledre Pisang Laweyan または Ledre Laweyanも、良くソロのお土産になります。

Ledreは、インドネシア諸島がまだ王国にある時から、ソロの代表的な食べ物です。その時代、Ledreは、ソロの貴族の食べ物でした。したがって、このLedre Pisang Laweyanは、伝説のソロの料理だと言えます。Ledre Pisang Laweyanは、1984年からすでに存在していたと言われています。この伝説のLedreを作った人物は、ソロ市の Laweyanに住むSri Martiniという女性です。 Leweyan地区で最初に作られたため、このケーキは、Ledre Laweyanとして知られています。

過去、ソロの貴族は、お茶を飲みながらLedreを楽しんでいました。現在、Ledreは、一流ホテルでの国賓を含むすべてのおもてなしお茶菓子になっています。 Ledre Laweyanは、バナナ、もち米、ココナツから作られています。1984年以来、伝説的なLedreの売り手で、Ledre Laweyan のオーナーである、Sri Martiniは、Ledre調理のプロセスにわずかな変更を加えました。昔、Ledreは、いたのもち米から作られ、ココナッツミルクを加えました。調理された後、バナナが、トッピングとして追加されます。現在、Ledre Laweyanは、調理されたもち米を使用しています。これは、製造時間を短縮するために行われます。

Ledre Pisang Leweyanを作る方法は、難しくありません。主な材料は、もち米、ココナッツミルク、バナナです。水に浸されたもち米は、米のように調理され、ココナッツミルクが加えられます。調理された後、すりおろしたココナッツを混ぜます。調理したもち米を、らになるように押しながら、ベーキングシートまたはフライパンの上で焼き、次いで、なめらかにしたバナナを入れます。バナナの他に、それは、様々な他の果物を使うこともできます。

Ledreは、うま味があり、やや甘い風味があります。このおやつの甘味は、砂糖ではなく、バナナの甘味です。時代とともに、Ledreは、続々と現れるユニークで現代的な料理によって浸食されたくなかったようです。したがって、Ledre Pisang Laweyanは現在、チーズとチョコレートを含むトッピングメニューを追加して買い手の希望に従います。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

24
September

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のMandorakビーチをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

スンバ島は、東ヌサトゥンガラ州の南西部にある島です。スンバ島には、Mandorak ビーチなどの多くの隠された自然観光があります。このビーチは、東ヌサトゥンガラ州の南西スンバ地区コディ区のペロ・バタン村にあります。Mandorak ビーチは、スンバ島の秘密の楽園です。このビーチは、スンバ島のビーチの中で最も小さく、海岸線は、約50メートルです。これは、Mandorakビーチが高くしい崖に囲まれているからです。この崖は、外洋に向かう門のような形をしているため、ビーチの魅力にもなっています。このビーチには、真珠のようなきれいな白い砂の広がりや澄んだ海水があります。波もかなりいが強いので、多くの観光客がこのビーチでサーフィンをしています。の流れが速いので、このビーチで泳ぎたい人は,注意が必要です。このビーチでは、崖の上にトレッキングし、崖の上から美しいビーチを楽しむことができます。また、この崖から魚を釣ることもできます。 Mandorak ビーチから美しい夕日の景色を楽しむこともできます。Mandorak ビーチは、南西スンバの首都タンボラカから約42キロメートルです。 Kupangから、Tambalokaは、飛行機で行くことができます。タンボラカ空港から、バイクや車を借りることができます。このビーチは、かなり辺鄙な場所に位置しているので、施設は,まだかなり限られています。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう

21
September

ペソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州ソロのJenang Suranの料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

2018910日、午後には、伝統的に服を着た人々が、ソロのTriwindu 骨董品市場を歩き回ります。彼らは、静かに歩いています。市場を3回回った後、グループは、場所に戻って、そこで一緒に祈りを行いました。その後、ジェナン・サーラン(Jenang Suran)やジェナン・スロ(Jenang Suro)という形の料理が、承認や市場の訪問者に配布されました。この活動は、イスラムのカレンダーのSuroまたはMuharam1日を歓迎するために、常に開催されています

Jenang SuranまたはJenang Suroは、特別料理です。お粥のような料理は、Suro 月で作られ、提供されました。スロー粥は、米、ココナッツミルク、塩、ショウガ、レモングラスでできています。それは、おいしいとスパイシーな味があります。このお粥の上には、グレープフルーツとザクロの穀物、ピーナッツ、カシュー、生豆、大豆、腎臓豆、トロン豆、ボゴール豆の7種類のピーナッツが散在しています。これらのナッツは、部分的に揚げられ、一部は、沸騰します。また、いくつかのキュウリのスライスとバジルの葉を追加します。

お粥の上に散らばったナッツの数は、7種類でなければなりません。これには、独自の意味があります。 7は、週の日数のシンボルです。その意味は、一週間で、私たちは、行動に決意と勇気を持たなければなりません。しかし、すべての行動は、きれいで正確な意図に基づいていなければなりません。儀式に供されるとき、Jenang Suroは、Opor Ayam、水っぽいとスパイシーのスープを持つカボチャ揚げサンバルなど、おかずも用意されています。この混合物は、スロー粥を非常に栄養価にします。

スーロ1日歓迎式典では、Uba Rambeという儀式の提供として、スロー粥は、単独では提示されません。また、ビンテル、Kembar Mayang (Mayang双子)、果物のバスケットも用意しています。スーロ1日記念に出席したKembar Mayangは、ジャワの人々の結婚式のKembar Mayangとは異なっています。それは、2つの花瓶で構成されているので、Kembar Mayangと呼んでいます。各花瓶には、7本の赤いバラ、7本の白いバラ、7本のジャスミン、7のパンダンの葉が入っています。ベネルの存在は、親と祖先の起源と敬意または思い出を象徴しています。 Jenang Suroは、数十年前には、かなり人気がありました。多くの人々は、スロの月に料理を作り、それを隣人や親戚に配布しています。残念なことに、Jenang Suranの伝統は、ほとんどなくなりました。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう

18
September

パソナインドネシアです。今回は、DolというBengkulu州の伝統的な楽器をご紹介します。

DolというBengkuluの伝統的な楽器は、201897日から9かまで開催された、Kuala Lumpurでの2018年マレーシアの旅行代理店協会フェアに、インドネシアを代表して参加しました。このBengkuluの楽器は、マレーシア政府の最大のイベントの一つで、Bengkuluが唯一のインドネシア代表として紹介されました。Kuala Lumpur市でのPutra世界貿易センターのホールで開催された権威あるイベントは、10万人以上の来客が訪ずれました。

Dolは、ココナッツの根を牛や水牛の皮で覆った塊で作られた楽器です。この楽器は布で覆われた木製の棒を使って鳴らします。形は、下の部分は、くぼみではなく、水瓶のような形をしています。Dolは、音の振動が皮から伝えられる膜音声分類楽器に分類されています。

最初の、Dolの大きさは、直径90センチメートル、高さ100センチメートルでした。時間の経過とともに、Dolのサイズは、より多様になっています。Dolを製造するための材料は、ランブータンまたはCempedakの茎だけでなく、ココナッツの殻でも作られます。

Dolは、Bengkuluの人々による儀式を行う際の音楽として使用されます。Dolは、Arak SorbanMenjaraTabot BersandingTabot Tebuangなどの様々な儀式に利用されます。そのため、Dolは、儀式の一部となりました。Dolは一連の儀式に付随して行われ、その儀式が完結されます。さらに、Dolは、様々な儀式に参加する人々を楽しませる機能も果たします。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

17
September

ペソナインドネシアの時間です。今日は、マルク州のポンボ島をご紹介します。この放送は、短波放送3325 KHz だけでなく、voinews.idで聞くことができます。

マルクは、マルク諸島の南部を占めるインドネシアの州です。この州は、多くの島で構成されているため、ビーチの形での海洋観光に多くの可能性があります。その一つは、自然の風景と美しい水中風景を提供する無人島であるポンボ島です。

ポンボ島は、中部マルク地区のSalahhutu区にあり、アンボン島とハルク島の真ん中にあります。ポンボ島は、美しい小さな島です。島の面積は、わずか約4平方キロメートルです。島への旅行中、この島は海の真ん中に浮かんでいるかのように見えます。また、白い砂と澄んだ海水があり、この島に来る者は、その美しさに驚かされます。

ポンボ島は、マルク州のシュノーケリングとダイビングの新しいスポットの一つと呼ばれ、国内外から多くのダイバーを呼びせるようになりました。ポンボ島の海底潜水すると、様々なタイプの魚、甲殻類、海藻、様々なユニークな形のサンゴ礁までの海洋生物が見られます。

ポンボ島の水中風景は、本当に素晴らしいですが、ポンボ島の陸上の美しさも同様に魅力的です。訪問者は、この島を約1時間で探検することができます。この島の周遊中には、この島の固有の動物、すなわちポンボの鳥(Pombo Bird)やいくつかの他の鳥が見つかります。この島の美しさは、退くときも非常に驚くほどです。まず、い水域に新しい土地がゆっくりと見え始め、土地を形成する砂に変わります。

この島は、マルク州の首都Ambon 市から約5キロしか離れていません。この島に到着するには、Ambon 市からTulehu港まで約1時間の公共交通機関を利用できます。港からは、スピードボートを使って10分でポンボ島にきます。この島には、宿泊施設はありませんが、この島は、通常キャンプ場として使用されています。なぜなら、雰囲気が、テントの設営に非常に適しているからです。島の真ん中には、雨宿りに使うことができる、葉のった木がたくさんあります。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

14
September

ペソナインドネシアの時間です。今日は、北スマトラ州のMamiang Bagasの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

北スマトラ州Mandailing Natal(Madina)地区Panyabungan区のAek Banir 村の人々によって現在まで保存されているユニークな伝統があります。彼らは、Mandailing語で、「Mamiang Bagas 」と言われる、わいわいとみんなで家を持ち上げる伝統があります。Mamiang Bagasは、みんなでワイワイと木製の高床式の家を持ち上げる伝統です。自宅を移動したい住民は、自発的に地元住民の支援を受けます。移動される家の重量は、もちろん軽くはなく、数百キロの重量になる可能性があります。家から新しい場所までの距離も近くはありません。この継承されてきた伝統は、北スマトラ州のMadina地区でまだ維持されている地域の相互協力の性質を反映して行われ続けています。

Mamiang Bagas の活動は、住宅所有者からの実施日を決定するための話し合いへの招待状から始まります。話し合いでは、通常、村の若者たちが集まります。決められた日に、準備されている竹のが、家の各柱に結ばれ始めます。竹の棒に加え、通るルートは、それが通過できるように清掃され、安全が確保されています。号令の叫び声によって、この家は、地面から持ち上がり、動き始めます。

住民は、この木造住宅を一緒に運ぶ必要があります。あまりにも重いので、頻繁に家を下うし、再び持ち上げる必要があります。目的地に着くまでには、特に初めて通るところや狭いエリアであったりすると、何時間もかかることもあります。住民たちのが聞こえ、より熱狂的でにぎやかな雰囲気になります。最終的には、この高床式住宅は、新しい場所を占有することができます

高床式住宅が新しい場所に移動された後、新たに移動した家が災害を避けることができるように、感謝のイベントが行われます。Mamiang Bagas の伝統は、市民の親密密接な結びつきを表す合同食事会で終わります。一緒に食べることは、住宅所有者から、彼の家を動かすのに時間とエネルギーを費やしてくれたすべての住民への感謝の表明です。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

12
September

ペソなインドネシアの時間です。今日は、バリ島のSULUBANビーチをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

バリ島は、インドネシアの国内外の観光客のための人気のある観光地のひとつです。この島は、魅力的な自然の美しさだけでなく、文化的価値も有名です。興味深い場所もたくさんありますが、比較的静かなバリ島の観光地は、まだあります。その一つは、Sulubanビーチです。

観光客からは比較的静かですが、Suluban ビーチという名前は、サーフィンのスポーツの中では、有名です。 この観光地は、大きな波があります。 従って、Sulubanは、サーフィンのために最適な場所として知られています。 このビーチは、ブルーポイントビーチとしても知られています。 この名前は、この観光地から遠く離れていないホテルの名前から来ています。それは、 外国人観光客が、この隠れたビーチに戻るのを容易にするために呼ばれています。

Sulubanビーチには、素晴らしいエキゾチックなサンゴの崖があります。崖にうちっける波は、他の場所で見られない特別な光景です。サーフィンに、適していますが、無料入場の観光地には、他にもエキサイティングなアクティビティがあります。観光客は、ビーチ周辺でサルの生息地を見ることができます。また、ビーチから遠くないレストランでバリの典型的な料理を楽しむこともできます。ここから、見える自然な景色は、驚くべきものです。ビーチの砂は、白く、ビーチは、トスカ緑色、深海では、い青色が見られます。

ビーチに行く途中で、観光客は、地元の人々から歓迎されます。ほとんどが小屋に座って、布を織る時間をやしています。忙しいとはいえ、地元の人々は、観光客にとても親切です。観光客は、バリ島の南部にあるこのエキゾチックなビーチのユニークさをより深く見つけながら、地元の人々と交流することができます。人々の製織製品は、土産物店で販売されています。美しいモチーフの織物に加えて、土産物店では、帽子、ネックレス、ブレスレットなど、様々なアクセサリーも用意しています。

Suluban ビーチは、バドゥン地区、南クタのPecatu 村にあります。ングラライ空港からビーチまでは、車で約45分です。この観光地への道も、十分です。また、観光客が簡単に使える看板(かんばん)もあります。しかし、ここには、十分な公共交通機関がないため、自家用車やレンタルを利用することをお勧めします。

これで、ペソなインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

10
September

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のLombok Kulonオーガニック観光村をご紹介します。この放送は、短波放送3325 KHzだけでなく、voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州には、ブロモ山、白い砂浜ビーチ、イジェン火山などの世界的に有名な多くの自然の観光地があります。しかし、すでに知られている観光だけでなく、この州はまた、Lombok Kulonオーガニック観光村など、現在まで開発されている多くの観光の可能性を秘めています。 Lombok Kulon村は、東ジャワ州Bondowoso地区Wonosari区にあります。

 2009年以来、Lombok Kulon村では「オーガニック観光村」のコンセプトが採用されています。つまり、この村のほぼすべての農産物がオーガニック生産されています。また、グラム、ティラピア、ナマズの魚を養殖する池は、約40ヵ所あります。もちろん、この魚の養殖にも、オーガニックの考え方が使用されています。最初、オーガニック村の概念は、村人によって自立的に実施されていました。彼らは、自宅で有機農法を適用し、この村で夜を過ごしたい方にホームステイを提供しました。

2013年に、この村の米製品は、セロリマン有機認証協会からオーガニック認証を受けました。その後、オーガニック観光村に指定され、観光ガイドの案内、観光村のプロモーションなど、観光の様々な側面の開発が始まりました。この村を訪れると、オーガニックハウスが、訪問者にとって最も魅力的な場所のひとつです。なぜなら、このオーガニックハウスでは、オーガニック野菜の栽培プロセスについて詳細に調べることができ、オーガニック製品の産物を直接手にとって買うことができます。

Lombok Kulon村に行くには、ボンドウォソ市から約30分かかります。観光村への道は、かなり狭いですが、この観光地への道路アクセスは、車にとって非常に便利です。Lombok Kulonオーガニック観光村を訪問すると、訪問者は、料理や有機農業を楽しむことができます。また、他のアトラクションとして、タイヤを使用して川で自由に滑走するリバーチューブを楽しむことができます。リバーチュービングでは、2キロに渡ってきれいで冷たいWonosroyo 川の流れを楽しむことができます。そこには、約25本のタイヤがこのリバーチューブの活動に利用できるように用意されています。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

07
September

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、北スラウェシ州立博物館をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

北スラウェシ州を訪れると、そこには興味深いスポットがたくさんあります。しかし、この州の美しさとユニークさを見る前に、北スラウェシ州立博物館を訪れ、北スラウェシ州の文化、伝統、人々について、もっと知ることができます。場所は非常に戦略的で、北スラウェシ州の首都、マナド市にあります。正確には、WR Supratman72です。この博物館への入場は、無料です。

北スラウェシ州立博物館は199119日に発足され、2,810点のコレクションがあります。コレクションは、地質学、生物学、考古学、歴史、民族、言語、美術、技術など、10種類の分野に分類することができます。全コレクションの内、500のコレクションが公開されています。これらの歴史的物品は、マナド、南ミナハサ、サンギヘ、タラウド、シタロ、ボラング・モンンドウドなど、北スラウェシ州のすべての都市から入手した物です。これらのコレクションの開館時間は、月曜日から木曜日は、中部インドネシア時間(WITA)、午前830分から午後4時まで、金曜日は、午前730分から11時まで、土曜日は、午前9時から午後2時までです。日曜日と祝日は、休館日です。

北スラウェシ州立博物館に到着すると、外から大きく見える3階建ての建物が見えます。そこには、先住民の像、古代の輸送道具、石棺など、文化的なレプリカと古代遺跡がある庭園があります。博物館の1階には、先史時代の動物や人間の移動ルートとして、その地域の過去の栄光を知ることができます。歴史の時代に入ると、中国、アラブ、ヨーロッパの商人達によって、もたらされた、キリスト教、イスラム教、宗教的信仰の布教を含む、北スラウェシ州における、西と東の貿易ルートについて学ぶことができます。次の部屋には、北スラウェシ州の富を説明する展示室があり、その後、ポルトガル、スペイン、オランダとヌサンタラの王国の闘いになります。富は、クローブ、ナツメグの香辛料、ココナッツ、米、園芸などです。動物群の富もらずユニークです、なぜなら、それが先史時代の人間の移住経路であるからです。北スラウェシ州には、定住したり、移住する様々なユニークな動物がいました。

 

この博物館は、文化的な部屋もあります。この部屋は、北スラウェシの先住民、すなわちMinahasa族、Bolaang Mongondow, Sangihe, Talaud, Siau族の説明がされています。大多数は、ミナハサ族です。また、高地や北スラウェシの山岳地帯からの部族と呼ばれるボラング・モンドンドゥー部族についての情報もあります。各部族にはいくつかの王国があります。この博物館では、これまでの王国の系図、儀式、慣習的な行列について完全に書かれています。 3階には、工芸品、文化的な道具、現在も伝統的な儀式で使われている伝統的な服など、部族の遺産が完全に提供されています。博物館の通路には、Maria Walanda Maramis, Sam Ratulangi, AA Maramis, Daan Mogot,  Piere Tendeanなど、北スラウェシ出身英雄達歴史的な品物と像があります

 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

 

05
September

パソナインドネシアの時間です。今日は、西スラウェシ州のPULAU KARAMPUANGをご紹介します。この放送は、短波放送3325 kHz だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

インドネシアの天然資源の美しさは、う必要がないほどです。インドネシアの多くの観光地は、まるで天国であるかのような美しさを持っています。見過ごされるのには、もったいない、先ほど述べたように、すでに有名な観光地がいくつかあります。その一つは、Pulau Karampuang Karampuang島)です。

Karampuang島と呼ばれる島の起源には、2つの説があります。一つ目の説によると、古代には、この島は、オランダの追跡からの王のれ場所でした。島は、Karaは、島、サンゴ、または岩を意味し、Puangは、貴族を意味するので、Karampuangと名付けられました。KaraPuangは、スラウェシの部族の現地語です。したがって、Karampuangは、王の島を意味します。一方、2つの説によれば、Karampuangという名前は、Mamujuの言語に由来しています。意味は、満月です。物語によると、島は、もともとLiutang島と呼ばれていました。この名前は、後にMamujuのある人物によってKarampuangとなるように変更されました。

Karampuang島は、6平方キロメートルの面積を有する小さな島です。島は、澄んだ青い海の水に囲まれています。海水がとても透明なので、海洋生物を水面からでも見ることができます。水中の美しさを見るのに最高の場所は、海岸線に建てられた木製の桟橋です。水面下の美しさを楽しむことができるほか、この500メートルの長い木製の橋も、最高の写真スポットになります。ダイビングが好きな観光客は、Karampuang島の海水の透明さを見逃したらきっと後悔します。なぜなら、海中に潜ると、Karampuang島の海洋生物の美しい光景に、きっと満足するからです。

透明な水とビーチの美しさのほか、いくつかと、訪れる興味深い場所も楽しめます。この島には、Sumur Tiga Rasa3つの味の井戸)という独特の井戸があります。なぜなら、この井戸水には、海水、汽水(きすい)、淡水の3種類の水の味があるからです。Sumur Tiga Rasaは、しばしばSumur Jodoh(ソウルメイトの井戸)とも呼ばれます。Sumur Jodohに加えて、この島で訪れることのできる別の場所は、Gua Lidah(タング洞窟)です。

Pulau Karampuang は、西スラウェシ州Mamuju 地区のSimboro区にあります。マカッサルとの距離は、約295キロです。島へは、マムジュから、観光客は、手頃なレンタル費用でKatintingという電動ボートを借りることができます。Pulau Karampuangへは、Kasawi魚のセリ市場にあるMamujuの船着き場から出発します。そこから、約20分ほどかかります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。