パソナインドネシア

パソナインドネシア (759)

04
July

パソナインドネシアの時間です。今日は、コモド国立公園の入り口であるGili Lawadaratをご紹介します。この放送は、di www.voinews.idで聞くことができます。

コモド国立公園は、正式に世界の自然の驚異7つのうちの一つになった後、ますます世界的になっています。この地域にある自然の美しさは、のはもったいないです。。実際には、この観光地に入る前に、Lawadarat 島見ないで通りすぎでしょう。現地語では、Gili Lawadaratと呼ばれています。

コモド島に到着する前に、観光客は、最初に Gili Lawadaratを通過します。この島は、コモド島の北部に位置し、1980年以来コモド国立公園の島に含まれています。この場所で、興味深いのは、海の広がりととてもエキゾチックな小さな島のれです。

Gili Lawadaratは、コモド島、リンチャ島、およびパダール島のほかに、世界で最大のトカゲの生息地を保護しちる島の一つです。ほとんど全島が、草で覆われています。この草は、訪問した観光客を引き付けました。のんびりしたい人には、島の頂上まで30分間のトレッキングをして、より美しいエキゾチックな美しさのパノラマを楽しむことができます。

Gili Lawadaratを訪れるのに最適なタイミングは、日の出前です。その時間、本当に素晴らしい日の出を見ることができます。運が良ければ、太陽と月の美しさを同時に見ることができます。また、海の水面も、この場所をより忘れられない美しさにしています。

この観光地を訪れる場合は、ロンボク島またはフローレス島の2つのルートを通ることができます。しかし、時間を節約するために、フローレスルートを使用するとよいでしょう。なぜなら、フローレスの空港の一つが、ラブアン・バジョにかなり近いからです。ラブアン・バジョからは、旅は、数時間、ボートでGili Lawadaratに向かいます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

03
July

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州に位置するBanyak島をご紹介します。

インドネシアは、インド洋と太平洋の間に位置する最大の列島国です。2つの海の間に位置するインドネシアの地位は、世界的な波を持っています。インドネシアはサーファーの楽園になっています。さらに、サーファーのグループでは、インドネシアにはサーフィンをするために挑戦的な場所がたくさんあるため、インドネシアは、「サーフィンのディズニーランド」と呼ばれます。インドネシアの西側に、Simeulue諸島があります。このアチェ州に含まれた地域は、インドネシア洋の真ん中に位置するため、波が5メートルに到達し、アドレナリンの挑戦者の楽園になることは間違いありません。Simeulue諸島以外に、サーファーの楽園になるアチェ州はBanyak島も持っています。

Banyak島は、インド洋に接する島の群から構成されます。正式に、この島はスマトラ島の西端に位置しています。この島の面積は、27千ヘクタールを持って、Banyak島は、99島から構成されたので、Banyak諸島としてよく呼ばれています。Banyak島は、アチェ州のAceh Singkil地区に位置する県です。Banyak島に行くためには、北スマトラ州のMedan市から行くほうがおすすめします。それは、Singkilへの距離はMedan市から一番近いです。Medan市からSingkilまでは、11万ルピアの料金のトラベルサービスで行けます。その後、Singkilから、Jembatan Tinggi港で、伝統的な船で25千ルピアの料金で借りることができます。

諸島地域として、Banyak島は、十分な海お広さだけではなく、非常に長く美しい海岸も持っています。サーファーの楽園として、Banyak島で波のポイントは、12カ所があります。波の高さは、6キロメートルの高さまで到達します。最も訪問されたサーフィンポイントはBangkaru島のAmandangan海岸とPelanggaran海岸です。サーファーの楽園に加えて、Banyak島には、数千人のサンゴと海洋の生物があります。Banyak島の水中生物多様性を楽しむために、ガラスから作られた船の床に乗って、シュノーケリングやダイビングなどをすることもできます。ダイビングとシュノーケリングは、Tailana島、Rago-rago島、Matahari島、Pabisi島、Sikandang島の海岸からすることができます。

パソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

02
July

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ジャワ州のCURUG BENTANGBENTANG滝)をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

西ジャワ州には、その地区で最も多くの滝があります。西ジャワ州スバン地区Jalan Cagak 区の Sanca村に、その多くの滝から隠れた滝があります。名前は、Curug Bentangです。Curug Bentang は、Wangun Harja 観光村の中にあり、Curug Cibareubeuyと同じです。

Curug Bentangは、2つに分かれた一連の滝です。最初の滝は、小さな池を成し、その後、2番目の大きな滝に流れ込みます。現在までのところ、最初の滝が上流に位置しているため、森と丘を通らなければならないので、アクセスできる2番目の滝だけです。Curug Bentangの水量は激しく、水は澄んでいます。水に浸かったり泳いだりして滝の爽快さを楽しむ事は、この観光地で楽しむことが できる楽しい活動です。

Curug Bentangは、スバン地区から約30キロの所に位置しています。スバンやバンドンから、Curug Bentangは、Jalan Cagak区のPalasari 村、Sarireja村、またはKasomalang村を通って車で4060分かかります。 Palasari村からSanca村までの道路の状態は、比較的、良好です。しかし、方位指示が非常に小さいので、訪問者は、地元の人々に尋ねるべきです。ゲートに到着した後、訪問者は、1人あたり5000ルピアの入場料を支払う必要があります。  このゲートから、Curug Bentangへの旅は、わずか1キロですが、下に降りる道を歩く必要があります。

Curug Bentangの観光地では、滝の入り口の近くに、いくつかの食品屋台があります。また、この観光地には、入場ゲートから遠くない所に、訪問者が滞在するために借りるシンプルな宿泊施設もあります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅了的なトピックで、またお会いしましょう。

29
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州NGAWI地区のTAHU TEPOという料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Ngawiは、東ジャワ州の地区のひとつです。西ジャワ州の最も西にある地区は、インドネシア観光の目的地になります。観光の目的は、滝、お茶のプランテーション、山、温泉、歴史遺産など、様々です。いろいろな観光地だけでなく、独特な料理も、Tahu Tepo, Wedang Cemue, Sate Ayam Nasi Pecel など、かなり楽しめます。様々な料理の中でも、Tahu Tepoは、Ngawiを訪れたときに多くの観光客が求める料理となりました。

このNgawiの料理の名前は、ジャワ言語に由来します。ジャワ語では、Tepoは、円錐を意味します。円錐は、Lontongの形を指します。 Lontongとは、バナナの葉に包まれた米から作られています。 Lontong以外にも、Tahu Tepoは、揚げた卵、揚げ豆腐、もやし、キャベツ、揚げたニンニクも入っています。これらの材料は、すべて切り刻まれ、皿の中で混ぜます。その後、揚げたピーナッツを振りかけます。その後、ピーナッツソースとブラウンシュガーソースをTahu Tepoにかけます。Tahu Tepoを十分に楽しむには、上げ豆腐とぬりものも添えられます。また、クルプックも、Tahu Tepoを食べるお供になります。

味わうと、甘辛いスパイシーな味のスープです。また、Tahu Tepoのソースから酢の少し酸っぱさが感じられます。Tahu Tepoのスープは、ニンニク、ブラウンシュガー、塩、ガランガル、ベイリーフ、ラオスなどの素材で作られます。すべての材料は、煮た後、Tahu Tepoのそれぞれの皿にかき混ぜます。また、柔らかい食感は、風味豊かな豆腐と卵が一体となり、それを食べると、違った味わいがあります。

Tahu Tepoは、むかしからあるNgawi の独特な料理です。この料理は、通常、夕方から夜まで販売されています。価格は、比較的安いです。一食当たり12,000ルピアです。 Tahu tepoは、Ngawiの家族や政府のイベントにもしょっちゅう提供されます。また、この料理は、Ngawiの人々やNgawi以外の人々にも外で多く求められます。実際、Tahu tepoは、しばしばお土産のために買い求められます。スープは、数日間保存ができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なよぴっくで、またお会いしましょう。

27
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ジャワ州バンドン市のKAMPUNG BATU MALAKASARIMalakasariの石の村)をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

西ジャワ州のバンドン市での観光の魅力は、観光客にえず驚きを与えます。バンドンは、常に国内外の観光客を誘致するために革新しているようです。今回は、ボイス・オブ・インドネシアで、家族と一緒に楽しむことができる自然のニュアンスを持つバンドンの観光地について話し合います。の名前はKampung Batu Malakasariです。この観光地はBale EndahMalakasari Bancaran Rencongにあります。

以前は、Kampung Batu Malakasariは、石鉱区でした。この場所の状態は、数年間休眠してから心配していました。しかし、一度、エンジニアの一人、H. Waryoという名前の投資家が来て、観光地Kampung Batu Malakasariを建てました。数ヶ月後、この放置された場所は、魅力的な観光地になります。エキゾチックな自然の魅力に頼ることに加えて、訪れる旅行者は、様々な教育的価値の乗り物でやかされます。

Kampung Batu Malakasariは、自然の実験室のように見えます。なぜなら、この場所では、観光客は、様々な面白い活動を試みることができるからです。ここで行うことができる平均的な活動は、自然や生き物の環境に関連しています。例えば、牛、、ウサギ、ヤギの農場で動物とのやりとりし、捕獲された鹿、農業だけでなく、田んぼについて学び、文化美術ホールとスンダの伝統的な家で地元の芸術を探検します。また、他の興味深い活動は、アウトバウンド、飛ぶキツネ、そしてこの観光地で自然に抑止させるBukit Batuを歩くことです。

多くの人は、Kampung Batu Malakasariが、様々な乗り物と施設を備えているため、バンドンで最も完璧な観光地のひとつであると言います。したがって、この場所は、家族との週末の休暇の時間を埋める代わりに適しています。特に自然の場所のニュアンスが好きな人には、最適です。 Kampung Batu Malakasariは、毎日9時から4時まで開かれています。週末と休暇の目的地は、30分ほど早く、1時間ほど近くにあります。この場所を訪れる観光客は、十分な現金を持って来ることを忘れないでください。なぜなら、各乗り物に入るためには、余分なものを支払わなければならないからです。観光客は、車1台あたり500015,000ルピアを支払う必要があります

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

25
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州のKOLAM SUSUKをご紹介します。この放送は、3323KHZ 短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

東ヌサトゥンガラ州は、コモド島、ケリムツ湖などの自然観光ができる可能性のあるインドネシアの州の一つです。すでに国内外で知られていることに加えて、この州はまた、美しい自然の観光地もあります。その一つは、Kolam Susuk Susuk池)です。この観光地は、東ヌサトゥンガラ州Belu地区Kakuluk MesakDualaus村に位置しています。

現地語で、Kolam Susukは、池を意味します。伝説によると、古代には、自分達をきれいにするために、Kolam Susuk に立ち寄る7人の天使がいましたその天使は、OecusseLifao国王の使者です。 Lifao国王は、彼らが居眠りをしたときによって邪魔させました。だから天使たちは、いつも目がめていて、国王のお付の者が近づかないよう守っていました。この伝説に基づいて、地元の人々は、この池をKolam Susukと呼んでいます。しかし、実際には、この観光名所は、密集したマングローブ林に囲まれているため、このSusuk池のまわりには多くの蚊がます。

この池は、自然に形成され、を持っています。太陽にさらされると、水は、い色の白いミルクのようにります。これにより、バンドグループKoes Plusは、この池を彼らの曲で「ミルクプール」と呼びます。Kolam Susuk の位置は、Belu 地区の首都Atambua市から北へ約17キロメートルです。 Atambua市からは、Kolam Susuk車で約20分かかります。道は、谷と崖を蛇行します、道路は、すでに舗装されています。この観光地は、通常、週末や休日に混雑しています。

この観光地にある施設は、きれいな水、トイレ、舗装された道路、休憩コテージ、チェックポイントなどで、とても快適です。この観光地の近くには、地元の人々が所有する屋台があり、訪問者に食べ物や飲み物を提供しています。これまで、地方政府は、観光地としてKolam Susukを発展させており、池の周りの環境を維持することができるように、ミルクフィッシュとエビの養殖の中心としてKolam Susukを利用します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

22
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、Geblek というKulon Progoの典型的な料理をご紹介します。この放送は、3323 の短波放送だけでなく、www.voinews.idで聞くことができます。

形は、数字8のように見え、白色です。ジョクジャカルタ特別州の Kulon Progoの人々は、Geblekという名前でこの料理を知っています。この料理は、揚げバナナ、テンペー、豆腐、揚げサツマイモのようなKulonprogoの一般的なスナックです。したがって、Geblekは、屋台からレストランまで、Kulon Progoの様々な場所で簡単に目にすることができます。 Geblekの職人は、通常、1食分15.000ルピア〜20.000ルピアのこの料理を販売しています。1食分は、6つのGeblekです。

Geblekは、デンプン粉、ニンニク、塩と、とてもシンプルな材料でできています。シンプルな材料で作られていますが、それを作るプロセスには、手間ひまかかっています。作る過程で、デンプン粉は、まるまで蒸し、完全に火を通すまではしません。それから、水気って塩で味付けします。その後、約10分間もう一度蒸します。再び水気を切って、つぶしたニンニクで味付けします。そして、それは、数字の8のように形成され、揚げます。

Geblekは、暖かいうちに提供されるときは、とても美味しいです。なぜなら、Geblekは、1時間以上経つと、、硬くて非常に弾力があるからです。しかし、暖かいうちに提供されると、Geblekは、外側が、いている感じがあり、内側は、えがあります。それは、塩辛いです。 Geblekは通常、Besengekというココナッツミルクの風味豊かな柔らかいテンペを添えて食べます。両方の組み合わせが、非常においしいです。Geblekは、また、暖かいお茶を楽しむのにも適しています。この料理は通常、家族や友人とのリラックスのためにKulon Progoの人々をいます。

以前は、Kulon Progoの典型的なこのスナックは、白色だけでした。しかし、時間と共に、人々は、Geblek料理の創造を始めました。色は、白だけでなく多様なので、面白そうです。今Geblekは、Kulon Progoを訪れる観光客になります。お土産持ちます。この料理は、かなり長い間、防腐剤なしで約4日間お土産としてGeblekを購入するとき、調理済みのGeblekかまたのままを選ぶことができます。お土産には、Kulon Progoの伝統的な市場でGeblekを買うことができます。Kulon Progoの観光客で、Geblekを味わっておらず、Geblekをお土産に買っていないなら、Kulon Progo観光は、まだまだと言えるでしょう。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

20
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、Sate KopokというPonorogo地区の典型的なサテをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州の地区のサテの料理を話すなら、Sate Ponorogoは、直接想像されます。 Ponorogo地区の典型的サテの人気は、すでにインドネシアの他の地域に知られています。しかし、Sate Ponorogoに加えて、この地区には、それほど美味しくない別の典型的なサテもあります。この名前は、Sate Kopokです。

Sate Kopokは、多くの名前があります。いくつかは、Sate BlendetまたはSate Mbalongと呼ばれます。「Blendet」という名前は、細かい質感を持つ泥を記述するジャワ語から来ています。この状態は、 Blendetの描写に似ているので、そう呼ばれます。一方、Kopokという名前は、粘液耳を意味します。なぜなら、Sate Kopokの料理は、 'Kopok'と同様に考えられるからです。外観は、あまり良くありませんが、Sate Kopokを味わったら、いつもおいしさを感じられます。

Sate Kopokは、鶏肉から作られます。Sate Ponorogoとの違いは、あまりにも厚くない肉片にあります。このサテの調味料は、ピーナッツソースとココナッツミルクの混合物ですが、ココナッツミルクだけを使用する場合もあります。このスパイスは、料理の質感を引き起こすものです。 Sate Kopokは、通常、ロット、豆腐、テンペ、カボチャを含むsayur lodehを添えます。sayur lodehを添えることに加えて、

Sate Kopokは、スープと共に食べることもできます。スープには、通常、2つ串のSate Kopokが付いています。スープとサテソースの組み合わせは、ユニークで美味しい風味を作り出します。しかし、Sate Kopokは、他の料理と組み合わせることなく単独で食べることもできます。

地元の人々によると、Sate Kopokは、オランダの植民地時代以来、存在していました。彼らは、オランダの植民地時代を過ぎると、この独特のサテが、取引されたと信じています。残念ながら、Sate Kopokは、現在、見つからなくなり始めました。難しいですが、まだSate Kopokを売っている職人がいます。おいしいSate Ponorogoを味わえるようにするためには、Balong地区のPahing 市場とJetis地区のWage市場で検索することができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

19
June

パソナインドネシアです。今日は、リアウ州のBintanでのTelaga Biruの砂漠についてご紹介します。

Bintanは、リアウ州にある島の一つです。この島は、魅力的な海上観光スポットがあります。海岸は、南シナ海に向かって、白い砂を持つ美しい海岸です。さらに、水中の豊かで美しい自然です。しかし、Bintanは美しいビーチと水中だけでなく、青い水の湖と白い砂を持っています。ビンタンへ旅行する際に好きな観光スポットの1つになった観光スポットの名前は、Telaga Biruの砂漠です。

Telaga Biruの砂漠は、リアウ州のBintan地区のTanjung Uban県のBusung村に位置しています。これは、RHF Tanjung Pinang空港やTanjung Pinang港から45分ぐらいのかかります。Tanjung Uban港からは、約15分ぐらいです。この観光スポットは、毎日運営しています。観光者は、入場料金を支払う必要がありません。乗り物を持つ場合、2000ルピアのバイクの駐車料金と5000ルピアの車の駐車料金を支払う必要があります。

この観光スポットに訪問する時、砂漠に囲まれた青い湖の美しさを楽しむことができます。この観光スポットでは、ブランコ、ラクダの人形、竹の飾り、フィールドアーチェリーなど、写真を撮るために使用できる様々なプロパティがあります。レンタル料金は、一人当たり5000ルピアで、かなり安いです。写真を撮ったり、湖を回って疲れて、この観光スポットの屋台で休むことができます。

Telaga Biruの砂漠は、以前、砂ボーキサイト鉱山で、現在は岩のように固まっています。鉱山は、Soeharto大統領の政権以来、中断させました。その後、数十年が放棄され、掘削の発掘は雨水で満たされ、徐々に青い水の湖になりました。地域住民によって、この6000ヘクタールの地域は、観光スポットとして管理されています。公開された後、このTelaga Biruの砂漠観光スポットは、観光客によく訪問されています。

これでパソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでお会いしましょう。

13
June

パソナインドネシアの時間です。今日は、バンユワンギの災害を拒否する伝統であるBarong Ider Bumiをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Kemirenは、Glagah地区にある村です。この村は、Osing部族のバニュワンギ先住民の村になりました。毎年、この村には、常にBarong Ider Bumiというユニークな伝統があります。 2018年、Barong Ider Bumiフェスティバルは、2018616日に開催されます。

Barong IderBumiの名前は,もちろん特別な意味を持っています。ジャワとバリの神話では、バロンは、獅子の頭の四か二足を持つ生き物です。アニミズムの信念の人々のために、バロンは、良さと正義の価値の実現であると信じられています。一方、「Ider Bumi」という言葉は、Ider「周り」とBumi「地球」という2つの言葉から来ています。ジャワ語では、Iderは、周りを意味し、Bumiは、足場を意味します。Ider Bumiは、足場の周りの活動として解釈することができます

Barong Ider Bumiは、1840年以来登場しました。その当時、Kemiren村は、病気の流行をい、多くの人々が死亡しました。また、農家は、多くの作物の失敗も経験しました。最終的には、長老の一人が、夢を見て導かれます。夢の中で、住民は、バロン行程拒絶の一形態として実行するよう求められました。この伝統は、今でも残っています。Barong Ider Bumiの伝統は、否定的なことを拒否することに加えて、住民の調和を維持し続けています。

Barong Ider Bumiの伝統は、村ホールで、長老たちがアンクルンをじる儀式から始まります。その後、バロンは、災害を拒否し、いをうための神と祖先への祈りを含むジャワの歌を伴って、村の周りに行進しました。行進は、2キロの距離を持つ村の入り口から村の出口に始まりました。途中で、長老は、拒絶の象徴として、コイン、黄色い米、花を散布する活動である「Sembur Utik-utik」の伝統を実行します。 3つのオブジェクトは、伝統的な指導者と長老のグループによっても持ってきます。コインは、正確に99.900ルピアで、花も9でなければなりません。9の数字は、神またはアスマウル・フスナの99の名前を指します。この伝統の実行時間は、Shawwal月2日ごとで、午後2時に始まります。この時間は、ペアで神の創造の象徴と関連しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。