パソナインドネシア

パソナインドネシア (759)

04
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部スラウェシ州トリトリ地区のLINGAYAN島をご紹介します。この放送は、www.voinews.id/japaneseで聞くことができます

中部スラウェシ州は、マレーシアとフィリピン(Lingayan, Salando dan Dolangan)の海域に直接隣接する3つの島を有しています。 3つの島のうち、Lingayanだけに、住民がいます。Lingayan島として知られている Lingian 島は、中部スラウェシ州トリトリ地区Ogotua村にあります。この島に行くには、Ogotua村からモーターボートで15分です

スラウェシ海とマカッサル海峡の間に位置するこの島は、インドネシアの92の島の1つです。マングローブの木の列は、Lingayan島に足を踏み入れるすべての訪問者を歓迎します。白い砂浜と美しいパノラマに加えてLingayan島周辺の水域は、美しい水中風景が豊富です。これは、マカッサル海峡とスラウェシ海間にあるLingayanの場所のためで

Lingayan島には、美しい海もあります。ここには、鱗状カメの生息地があり、ある月に卵を産むために海岸に行きます。政府は、人口がますます脅かされているため、Lingayan 島周辺の地域を、Dugongと海草の保存の中心として保護された海洋哺乳類の生息地としました。この楕円形の島の美しさは、ボートを使って周りを回るときにますます感じられます。美しい白い砂と珊瑚の岩が島の沿岸に沿って伸びています。反対側には、釣りやダイビングに適した場所があります。浮遊植物に似た様々なサイズの円形または楕円形の大きな岩の列が、島の周りの水域にあります。より詳細に見たい場合は、ボートでそれらの間を通過することができます。船の周りを飛び跳ねる小さな魚の群れがLingayan島の魅力に加わります

マカッサル海峡の青い海の真ん中にあるいくつかの島々は、旅の途中で楽しむことができる風景の一部とななっています。 Ogotua村からは、多くのボートを使って渡ることができます。一般的に、2.5馬力のエンジンを搭載した小型ボートは、4人から5人用です。ボートは、穏やかな海の時にはわずか15分で、小さなボートは、より快適で速く進みます

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックスで、またお会いしましょう

02
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ジャワ州PANJALU村のNYANGKUの伝統についてご紹介します。この放送は、 www.voinews.id/japaneseで聞くことができます。

Nyangkuは、Panjalu王国の時代から存在してきた伝統的な儀式です。これまで、この儀式は、毎年、Panjaluの人々によって定期的に開催されています。Nyangkuの伝統的な儀式は、MauludRabiul Awal)月、月曜日か木曜日に行われます。目標は、Rabiul Awalの月の最後の預言者ムハンマドs.a.wの誕生を記念することです。また、Nyangkuの伝統的な儀式は、イスラム教徒で、Panjaluにイスラム教を広めたPanjalu国王であるPrabu Sanghyang Borosngora奉仕を記念して行なわれます。

Nyangkuは、清掃を意味するアラビア語のyankoに由来します。しかし、スンダ人は、「yanko」という言葉を「Nyangku」と発音しました。この伝統的な儀式の本質は、Panjalu王国が所有する家宝清掃です。

古代には、Panjalu家系Nyangku儀式のための材料を準備しました。それは、かなければならない赤枚(あかまい)を準備するようなものです。この赤枚は、Tumpengとお供え物を作る材料として使われます。赤い穀物皮剥きは、Maulud1日から儀式の1日前までに開始されます。

Nyangku儀式は、PanjaluSitu Lengkongにある国王の墓への巡礼で始まります。儀式は、通常、朝730分ごろに、Bumi Alitと呼ばれる場所から家宝の品物をり出すことで始まります。その後、この家宝の品物は、Nusa Gede に向かって、Panjalu国王の子孫によって手で運ばれます。Situ Lengkongに到着すると、イスラム教徒の服とスンダの伝統的な衣装を着る家宝の品物を運ぶ人々は、Nusa Larangまで船で運びます。その後、この家宝の品物は、Nusa Larangにある小さな建物に向かってパレードされます。

家宝の品物を運ぶ人々は、Rebanaというタンボリン音楽を伴い、家宝をきれいにする場所であるメインステージに向かって祈りの文句えます。そして、家宝の品物は、特別なマットレスに置かれます。その後、家宝の品物は、一つ一つ白い布のラッパーから開け始めました。その後、この家宝の品物は、すぐにライム果汁を加えた7つのからまれた水できれいにされます。洗浄は、Prabu Sanghyang Borosngoraの家宝の剣で始まります。その後、他の家宝に続きます。

洗浄後、家宝の品物は、特別に作られたココナッツオイルをられます。次に、ヤシの葉で作った飾りを巻き付け、7層の白い布で再び包み、Boehという糸からできたロープでられます。その後、おで乾燥され、Pasucian Bumi Alitに再格納されるためにパレードされます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

30
April

パソナインドネシアの時間です。今日は、PAPUALOKALE洞窟をご紹介します。この放送は、www.voinews.idjapanese で聞くことができます。

パプアは、熱帯雨林の一帯であり、な谷と高い山々で構成されています。ほとんどの山は、(おお)われているものもあります。渓谷の中には、Lokale 洞窟という神秘的で魅惑的な洞窟があります。

Lokale洞窟は、パプア州ジャヤウィジャヤ地区のLembah Baliem(バリエム渓谷)、ウォスリモ村にあります。この洞窟は、1992年に開設されました。Lokale洞窟は、これまでにこの洞窟の終わりが見つからなかったので、世界で最も長い洞窟と考えられています。この洞窟で最も遠い旅行は、ちょうど3キロに達しました。この洞窟の長さのために、多くの学者は、Lokale洞窟がジャヤプラ地域まで浸透できると推定しています。

この洞窟は、最終的には分かっていませんが、不気味な場所ではありません。この洞窟に入ると、楽しい印象を得るのは簡単です。その一つは、中空の洞窟の壁のいくつかのポイントがノックするときに、メロディアスな音を出すということです。ソフトタップのみ、音が表示されます。可聴音は、不規則な音であり、独特の楽曲を形成することができます。また、洞窟の内部は、非常にいので、懐中電灯を持参することをお勧めします。

Lokale洞窟は、ワメナ市から約25キロです。この洞窟へのアクセスは、道路が舗装されているため、非常に簡単です。この洞窟は、二輪車と四車輪でアクセス可能です。 Lokale洞窟は、地区の道路軸の端にありますので、遠くを歩くか登る必要はありません。この戦略的な場所で、 Lokale洞窟は、楽しい家族の場観光場所であり、様々なサークルが頻繁に訪れるのに適しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

27
April

パソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州KAJANG部族のPAPPASANG伝統をご紹介します。この放送は、di www.voinews.idjapaneseで聞くことができます。

インドネシアは、多民族国です。インドネシアの伝統的な部族の1つは、カジャン部族です。この部族は、マカッサル市の東約200キロに位置する南スラウェシ州のBulukumba地区の地域に生息しています。主要なカヤン部族の村は、タナ・トアの村です。また、Bonto Baji村、Malleleng村、Pattiroang村、Batu Nilamung村、Tambangan村にも広がっています。これまでカジャン部族は、依然として非常に神聖な習慣を果たしています。この部族は、地元の知恵を維持している一族です。

カジャンの人々は地理的に、内部カジャンの人々(タウカジャン)と外部カジャンの人々(タウレムバン)の2つで構成されています。内部カジャンの人々は、その環境に蔓延する文化や伝統を深く守っています。一方、外部カヤンの人々は、村の外に住むカジャンの人々ですが、このカジャンの人々は、すでにモダンで、外から新しいものを受け入れることができます。

カジャンの人々は、「Pappasang」という祖先の伝統を保持しています。これは、(こわ)されるべきではない書かれていない法律の一種です。誰かが壊れた場合、「パンゲライ」という懲戒(ちょうかい)または懲罰を受けます。Pappasang」の合法的な音の一つは、「Kajang, tana kamase-masea」であり、シンプルまたは貧しいカジャンの土地を意味します。

この「Pappasang」では、カジャン族の伝統的な複合施設に住む人々は、世界の栄光を受け入れることを望まりません。金持ちになりたい人は、「Pappasang」で既に言及されているようなカジャンの土地は、富を準備していないので、伝統的なの複合施設から出なければなりません。世界の栄光は、「アマ・トア」というカジャン族の長老の解釈に基づいています。

Pappasangは、マカッサルの人々の社会制度と文化的システムの両方の倫理的価値と道徳的価値を含む声明の一形態です。Pappasangでは、社会の社会的行動の規制者として、良質悪質に関する高貴な考慮が含まれていました。

最初、Pappasangは、話されました。しかし、マカッサルの人々が文字を知った後、ヤシの葉にlontarakの文字で書かれました。マカッサル社会の文化と文明の進歩により、ついにPappasangは、ヤシの葉でしか読めないが、すでに書かれているか記録されています。これは、若い世代に引き継ぐために行われます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

25
April

パソナインドネシアの時間です。今日は、Ayam Kesrut、バニュワンギの一つである料理Ayam Kesrutをご紹介します。この放送は、www.voinews.idJapaneseで聞くことができます。

バニュワンギには、多くの潜在的な観光地があります。現在、東ジャワ州の地区は、いくつかの観光地で施設を増やしています。目的は、観光客にとって好きな観光都市になることです。それだけでなく、バニュワンギはまた、多くの特別なバニュワンギ独自の料理を紹介しています。その1つは、2018412日に、Banyuwangi 料理フェスティバル 2018で紹介された料理です。 2013年から毎年定期的に開催されているこのイベントでは、Ayam Kesrutが紹介されました。

Ayam Kesrutは、Uyah Asemとも呼ばれます。Kesrut という言葉は、うようなこの料理を食べる方法か、地元の人々がこの場所Kesrutと呼んでいたことに由来します。一方、Uyah Asemの名前は、さわやかな塩味と塩気のある味と使われている調味料に由来しています。名前が示すように、このAyam Kesrut料理は、鶏肉を材料とします。この典型的なバニュワンギ特有の料理は、味がより格別になるよう、一般的に若い地鶏を使用します。

Ayam Kesrutは、1950年代から人気がありました。日本の侵略者の到着後、この料理は、ますます多様化しました。この当時Ayam Kesrutには、肉だけでなく、などの鶏の骨も加えられました。それは、日本の時代には、人々が食べ物を見つけるのが難しかったため、既存の食料品で料理を作るようになったからです。

Ayam Kesrutには、うまみとスパイシーで酸味がある煮汁がついています。このうまみのある味は、チキンブロスのスープから得られますが、スパイシーで酸味のある味は、使用されたスパイスから来ます。Ayam Kesrutを作るためのスパイスには、唐辛子、タマネギ、ニンニク、ガランガル、エビペースト、およびBelimbing Wuluhという小さいスターフルトが含まれています。調理の方法は、それほど難しいことではありません。まず、柔らかくなるまで鶏肉をゆでます。それから、香りが出るまでスパイスをめます。その後、この痛めたスパイスにゆでた鶏肉を加えます。最後に、酸味のある煮汁の味を得るために小さくカットしたBelimbing Wuluhを加えます。Ayam Kesrutは、通常、ご飯、豆腐、テンペ、Pepes Tahuという蒸し豆腐などのおかずとえて提供されます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

23
April

パソナインドネシアの時間です。今日は、ジョクジャカルタ特別州のMitoni儀式をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

ジャワ人、特にジョグジャカルタ特別州には、現在も続けられている様々な儀式があります。その1つは、女性の初めての妊娠7ヶ月に達したときに行われる儀式です。

一般人と宮殿に住む貴族がいるジョグジャカルタ特別州の伝統の中で、この儀式は、伝統的な儀式の中で最も重要な式です。この儀式が無視されると、人々は母親とお腹の中の子供に良くない事が起こると信じています。伝統によると、Mitoniの儀式は、ジャワ暦の満月の前の717、および27日に行われます。儀式は、日の出の方角を向いて、家の左または右で行われます。

Mitoniの儀式は、方法と順序があります。それは、 "水浴儀式)"から始まります。 これはお腹の中の赤ちゃんの無事を願って最も近い7人の親族によって行われます。 使われる水は、7つの井戸から 汲まれた水で、ちゅうのバケツに入れられます。そして、バラ、ジャスミン、カンティル、ケナンガなどの様々な花と混ぜます。

その後は"Brojolan"です。 Brojolanは、通常、妊娠している女性の母親によって導かれています。妊娠している女性は、Jarik布を着用し、Letrekというを結びます。 Letrekは、赤、白、黒の糸です。そして、妊娠中の女性の母親は、Jarik布の中にTropongという機織りの道具や鶏の卵を入れ、出産がスムーズに行われるように、落とします。その後、ハンサムで美しい顔の子供が産まれるように願いながら、ハンサムで美しいWayang 人形が描かれている2つのアイボリーココナッツをします。

その後、赤ちゃんへの母親と父親の愛を意味する行進「Angreman」です。妊娠している女性は、別の部屋に導かれ、異なる7つのJarikの布で衣服を交換します。最後は、 "Dodol Rujak"です。妊娠している女性は、夫を伴って、Rujakを作り、お客様は、土器のかけらを通貨として買います。それは、生まれた子供が、財産を多く持ち、家族を支えることができることを意味します。基本的には、この儀式はいと平静のために全能の神に感謝と祈りを表すものです。しかし、それぞれ独自の意味を持つシンボルの形で表現されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

20
April

パソナインドネシアの時間です。今日は、西スマトラ州PADANG市のSARASAH LUBUAK RANTIANG滝をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

Padang市は、西スマトラ州の最大都市であり、インドネシアの西スマトラ州の首都です。市内には、多くの水の観光スポットがあり、観光客にとって非常に魅力的です。例えば、Carolinaビーチ、 Padangビーチ、 Pasir Jambakビーチ、 Air Manisビーチ、Lubuak Rantiang滝などがあります。

Lubuak Ngalauan 滝は、魅惑的な自然の魅力を持っています。Sarasah Lubuak Rantiangとして知られているLubuak Ngalauan滝は、PadangKoto TangahBalai Gadang村のBangek川の地域にあります。この滝は、市内中心部から約25キロに位置しています。この滝は、あまり高くありません、水は、非常に冷たく、澄んでいます。Sarasah Lubuak Rantiangは、Bangek川温泉から約1時間のドライブでアクセスすることができます。旅行の間、訪問者は、魅力的な自然の景色が見ることができます。この場所に行くには、4つの川の流れを通過する必要があります。

訪問者は、Sarasah Lubuak Rantiang滝の周りをオフロード車やモータートレイルで走ることができます。また、水を楽しみ、泳具ことができます。挑戦が好きな人のために、崖の上からジャンプすることができます。なぜなら、この滝には、非常に広く深い緑色の池があるからです。そこでは、池の周りに長くびた籐がある深い部分と中間の部分の間に障壁があります。ここの岩は、非常にりやすいことに注意してください。この場所は、まだ美しく、ジャングルの中にあります。

この観光地への道は、すでにアスファルトですが、まだ岩の道ですが、また岩の道もあります。 Imam Bonjol AINキャンパスへのルートに従ってください。滝の位置は、森の中と丘の上にあります。通常、トレッキングで通行可能です。丘をり、まだ青々と葉が湿った熱帯雨林に入ります。約1時間運転した後、ついに滝の位置に達しました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

17
April

パソナインドネシアです。今日は、バリからのNgaturan Buah伝統をご紹介します。

BanjarSidatapa村は、地元のドリアン生産で豊かな村の一つです。収穫期になると、住民による独自の儀式が行われます。「Ngaturan Buah」という儀式を通じて、この儀式は収穫したドリアンを献上して行われています。この伝統は何世代も続いています。サカ暦735年、または、西暦767年頃から始められました。Ngaturan Buah儀式は、通常、3日間続きます。儀式は、植物を守った神への感謝の気持ちとして行われます。

Ngaturan Buah儀式は、Bale Agung寺院に行われます。住民はそれぞれ、3つのドリアンを持ちます。女性は、ドリアンをビニール袋という竹で編んだカゴに入れて持ちます。一方、男性は、Kisaという、ココナッツの葉で作られた鶏カゴに入れて持ちます。Bale Agung寺院での儀式の後、家の庭で儀式は続きます。

最初の日に、住民は3つのドリアンを持つ必要があります。他の果物を持っている場合は、寺院に集めるように勧められます。マンゴスチンを持っている市住民は、少なくとも3キログラムのマンゴスチンを持っています。一方、ランブータンを持つ場合、3束のランブータンを持っています。2日目に、住民はは2つのドリアンを持って来ます。そして、3日目に、持ってこなければならないドリアンは1つだけです。住民は きまり を破る事はしないし、、庭で偶然、果物がない場合、買うことや、親戚や隣人からもらうこともできます。

この儀式の伝統は、一緒に祈ることで終わります。祈りの後、住民は、彼らが提示した果物を持って、帰ることができます。彼らの信念に基づいて、Ngaturan Buah儀式を行う前に、家や庭で果物を収穫してはいけません。最初の献上は 村の寺院で、Sanghyang Sangkaraという植物の神とRaung山 出身の祖先への感謝の一形態として、しなければなりません。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

16
April

 

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のENTING GATIの軽食をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

東ジャワ州には、PecelRawonRujak Cingurなどの、すでに有名になった様々な独特の食べ物があります。これらに加えて、東ジャワ州、特にBlitarには、Enting Getiという軽食があります。

Enting Getiは、ピーナツ、胡麻、ブラウンシュガーから作られたBlitarの伝統的な軽食です。この食べ物は、通常、祝日や結婚式で、ゲストを歓迎するために提供されます。ピーナツとゴマを混ぜられたピーナツの味には、少し異なる風味があります。おいしさ、歯ごたえ、ブラウンシュガーの甘さのブレンドは、このスナックを、Blitarの人々だけでなく、この都市に来る観光客にも常に求められるものにしています。

Enting Getiは、味が独特で長持ちするので、Blita地区での休暇の土産にするのに非常に適しています。Enting Getiは、通常、Blitar 地区の中央に位置するKademangan地区で生産されています。このため、この地区の範囲内での販売が大幅に容易になります。この伝統的な軽食は、リラックスしながらコーヒーとともに食べると美味しいです。

Enting Geti作りのプロセスは、非常に簡単です。まず、ピーナッツは、十分に黄金色になるまでローストされます。そして、そのピーナッツをつぶしますが、あまりにも滑らかにしてはいけません。次にブラウンシュガー、粉砂糖、バニラを混ぜます。十分な水を加え、砂糖が溶けてシロップのようにとろとろになるまでかき混ぜながら煮ます。それから、このシロップにピーナッツを入れて、均一になるように混ぜ合わせ、さらに濃厚にします。それから、オイルペーパーを敷いた焼き皿に生地を入れ、広げます。乾燥後、好みに応じた大きさに切断します。 Enting Getiの価格は、5000ルピアから35.000ルピアまで様々です。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

13
April

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、ほぼ絶滅したDONGKAL というBETAWIの典型的なケーキをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

大都市としてのジャカルタは、料理フェスティバルなど、様々な国内および国際的な祭りの開催など、多くの活動があります。また、ジャカルタ市が記念日を祝うとき、ジャカルタの市民は、ジャカルタ市の典型的な様々な飲食物を簡単に見つけることができ、ジャカルタ文化の一部として料理文化が認識されています

現在、Betawiの典型的な料理は、文化祭で頻繁に見られます。毎日のらしの中でBetawiの典型的な料理見つけるの非常に難しいです。時代とともに、伝統的な料理が消え、もはや普及していないのが理由の一つです。現在は,地元料理や伝統料理を提供する多くのレストランがありますが、多くの昔からあるが、消え始めました。

インドネシアの伝統料理の一つは、Betawi人の伝統的なスナックであるDongkalケーキです。今日、西ジャワ州では Awugとして知られているケーキを手に入れることは容易ではありません。しかし、ジャカルタ郊外には、シパユン通り、ジェバタン・セロン、チパユン区、デポク、サワナガン地区などでとれる米からスナックを提供する場所は、まだいくつかあります。

Dongkalケーキは、米粉、サゴ、ブラウンシュガーでできており、ココナツをすりおろして加えます。このケーキは、伝統的な方法、Dandangという円錐形の米スチーマーを使い、蒸して作られています。このケーキを作る方法は、まず、米粉は、米スチーマー内でひとになるまで蒸す必要があります。ひと塊りになったら、サゴを追加します。その後、生地は、織り竹で作られたDandangに入れ、ブラウンシュガーを加えます。そして、再び蒸します。蒸し終わるとDongkalケーキは、通常、バナナの葉の上に暖かいうちに乗せ、その上におろしたココナッツをふりかけます。Dongkalケーキの味は、ブラウンシュガーけてるので甘くておいしです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。