パソナインドネシア

パソナインドネシア (897)

31
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州KendalSATE BUMBONBUMBONサテ)の料理をご紹介します。

サテは、インドネシアの典型的な料理の一つです。サテは、肉から作られた食物で、細かく切りまれ、ヤシの葉や竹のされた後、木炭を使って焼かれます。サテは、サテーのレシピのバリエーションに応じて様々なスパイスをえています。サテとして使用される肉には、鶏、山羊、牛、ウサギ、馬などが含まれます。この料理は、インドネシアでとても人気があります。また、インドネシアの様々な都市で様々なタイプのサテーを見つけることができます。たとえば、中部ジャワ州のKendal市にアクセスすると、Sate Bumbonという名前のサテーが見つかります。

Sate Bumbonは、牛肉と牛肉の脂肪を含む主な肉から作られています。サテの肉が、一般的に、焼かれる前に醤油でられるならば、Sate Bumbonは、正確に焼かれる前に、しょうが、キャンドルナッツ、ニンニクと他のスパイスから成るスパイスでわれます。厚いピーナッツソースを含む一般的なサテとは異なり、Sate Bumbonは、ピーナッツソースをあまり使わりません。スパイスは、もっと水っぽいようです。ピーナッツソースは、また様々なスパイスおよび液体のブラウンシュガーを使用しています。

Sate Bumbonは通常、温かいご飯やLontongを添えて出されます。ピーナッツソースを備えているだけでなく、Sate Bumbonはまた、スライスされた赤玉ねぎ、青唐辛子、トマトも添えています。食べるとき、サテの肉は、とても柔らかい感じられまし。また、美味しいです。 Kendalでは、Sate Bumbonの商人を見つけるのは難しくありません。価格は、3万ルピアから5万ルピアです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

29
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部スラウェシ州の魅力的なPULAU DUAの観光地をご紹介します。

スラウェシは、本当に多様性に満ちた場所です。山、料理、大きな町、そして、心にく海洋の観光地があります。中部スラウェシ州への訪問は、 Dua島を訪問しなければ、完全ではありません。 BanggaiLuwukにある Dua島は、この地域の第一の海洋観光地です。自然、山、そして海底のパノラマの組み合わせは、特別な場所としています。 Peleng湾のあるBanggai海域は、19627月に、何百もの軍艦と軍隊輸送船が集まった、インドネシアの歴史の場所です。

Pulau Duaは、Luwuk空港またはPalu 市から行くことが、できます。 Luwukからのアクセスの方が、近くて、エンジンつき車両で簡単に行く事ができます。目的地は、Pulau Duaへの交差点であるBalantak ビーチです。照明が少ない上に、人気が少ない道を通らなければならないので、夜に出かけることは、おすすめしません。不便な場所ですが、Pulau Duaの名前は、すでに外国人観光客の間で有名です。 Pulau Duaにも、結構設備いい、宿泊所があります。ここに来る人達は、神秘に満ちた海に囲まれる、自然のままの土地を楽しむことができます。

Pulau Duaの丘は、金色で、太陽の光が輝いています。遠くから、海は、青く見え、Pulau Duaと完全に調和した背景になります。 Pulau Duaでは、写真を撮ったり、シュノーケリングやダイビングもできます。Pulau Duaの周辺には、オンドリアンロック、ニモロック、アリババ、バトゥゴングなど、35のダイビングスポットがあります。インドネシア観光省は、バンガイ地区を世界規模の釣りの観光地として宣伝し始めました。これを支援するために、中央および地方政府は、2019927日から29日にかけて、バンガイ国際マグロ釣り大会と題する国際的な釣り大会を開催する予定です。

参加者は、。カツオマグロ、キハダマグロ、ビッグアイマグロ、クロマグロなど、数種類の魚を釣る事を目的とします。このイベントは、これを、毎年恒例のイベントにするための事前テストでもあります。釣り大会以外にも、大会の参加者は、バンガイ諸島地区の地域への「喜びの航行」に招待されます。目的は、伝統的なバンガイの文化と料理を楽しむことと、凧を使ったマグロ釣りのデモンストレーションを見る事です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

27
May

 

ペソナインドネシアの時間です。今日は、南カリマンタン州のRUDATの芸術をご紹介します。

カリマンタン島は、様々な部族がいる島です。このことが、カリマンタン島を、この島に存在する各部族の文化で豊かにしています。その一つはRudat の芸術で、これは、通常Banjar 地区のパレードで表現されるダンスと歌の融合です。

Rudatは、Banjarの言語で継続的にくことを意味する「Rudatik」から来ています。これが意味するのは、歌のリズムとタンバリンの音に絶えずつき従う身体の各部分の動きです。 Rudatは通常、子供の誕生とお祝いに対する感謝の表明として、または達成された成功に対する誓約として行われます。この芸術は、Allah SWT(神)と預言者ムハンマドへの称賛に満ちているので、非常にイスラム的なニュアンスがあります。

Rudatの芸術は、今に至るまで行われているBanjarの先住民族の文化の一つです。この芸術における踊りの種類には、護身の動きが含まれています。そうであっても、この踊りは、座った姿勢のダンスの動きによって支配されています。当初、Rudatは、ウラマというイスラム聖職者とサントリというイスラム神学生から人々に対するイスラム教の象徴として機能していました。それから、客をもてなす手段と娯楽に発展しました。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

24
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、バリ島のKEPAON村をご紹介します。

ラマダン断食月での宗教ツアーは、魅力的な選択です。世界最大のイスラム教徒の人口を持つ国として、インドネシアは、ラマダン断食月の主要な宗教的な観光地の一つです。ラマダン断食月の間に訪問するインドネシアには、様々な興味深い観光地があります。その一つは、バリ島のKepaon村です。人口の大部分がヒンズー教徒である場所として有名ですが、バリ島には、Kepaon イスラム教の村というイスラム教の村があります。この村は、バリ島の南デンパサール地区のペモガン村、Kepaonの伝統的な村にあります。イスラム教徒である住民の生活は、主にヒンズー教徒であるバリの人々の真っ只中で平和です。

Kepaon イスラム教の村の人口は、900世帯または約6,000人と推定されています。彼らは、農家、運転手、衣料品事業や貿易など、様々な職業に従事しています。 Kepaon イスラム教の村は、1326 H頃、Pemecutan王国時代にイスラム教がバリ島に入って以来、バリ島で最も古いイスラム教徒のコミュニティの一つです。これまでのところ、Kepaonの人々は、まだPemecutan宮殿と良い関係を保っていました。例えば、Kepaon村人は、しばしばPemecutan宮殿からの式典への招待に出席します。

Kepaon村のAl Muhajirin モスクは、人々の崇拝の中心地です。このモスクには、Megibungという一緒にイフータルのユニークな伝統があります。Megibungは、ラマダン月の10日、20日、30日に開催されます。この伝統は、イスラム教の経典であるコーランの30ジュズを唱えた後10日ごとに感謝の表現として行われます。興味深いことに、この伝統が行われたとき、Kedonteng料理が出されました。この料理は、結婚式とAl Muhajirin モスクのMegibung儀式などの特定のお祝いのみ提供されます。 Kedontengは、Rendangスパイスと典型的なKepaon料理メニューですが、それは、Serundengと一緒に提供されているので、異なって見えます。感謝の表現に加えて、この伝統はまた、イスラム教徒とヒンズー教徒の両方の市民間の兄弟愛を強化する場となっています。

これで、パソナインドネシアを終わります。

20
May

ペソナインドネシアの時間です。今日は、南スマトラ州のBesemah伝統的な家をご紹介します。

インドネシアの島々には、昔から、様々な民族の先住民族が住んでいました。ですから、インドネシアに、様々な文字や言語、伝統的な服、そして伝統的な家があるのは、驚くことではありません。その様々な文化の中で、伝統的な家は、部族の文化をす最も重要な指標です。Besemah伝統的な家は、Baghiの家とも呼ばれ、何百年も前からBesemah族の人々の先祖が使っていた伝統的な家です。

このタイプの家は、Tatahan Ghilapanの2つに分けられます。Tatahanが意味するのは、家の一部、特に彫刻が施されている壁です。一方、Ghilapanは、普通の壁に囲まれています。Tatahanの家 Ghilapanの家のサイズは、同じで、8 x 8メートルです。この伝統的な家の内部は、仕切りのない1つの広々とした部屋で構成されています。しかし、一部の家は、時代の流れに沿って、部屋を隔てる壁を作り始めています。一方、pawunと呼ばれる台所の部分は、別に建てられます。

Baghiの家の建設は、非常にユニークです。家の部分をまとめるために、釘を使いません。結びつける必要がある部分があっても、籐が補強材として使われます。同様に、柱も地面に埋め込まれていません。これらの柱は、石造りの基盤によって立っています。古い建造物では、1つの柱に3つの石が、トライアングルポジションで使用されました。Dempo山に近いPagaralamでは、その歴史を通して、Baghiの家は、その地域が地震で頻繁に襲われても、決して倒壊したり損傷を受けたことがありません。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

17
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、バリのKeramasビーチをご紹介します。

バリは、2019年チャンピオンズツアーの第3回ワールドサーフリーグ(WSL)の世界レベルのサーフィン選手権を再び開催します。Corona Bali ProTectedというイベントは、2019513日から25日までGianyar地区のKeramasビーチで開催されます。Keramasビーチは、サーフィンスポットの理想的な場所である波が2メートルの高さに達するので、国際イベントの場所に選ばれました。Keramasビーチは、バリ島Gianyar地区Blahbatuh区のKeramas村にあります。デンパサールからの旅行は、陸路で約45分かかります。

Keramasビーチへの途中では、田んぼと居住者のプランテーションの眺めが供されます。浜辺の海の波は、まだ比較的フレンドリーで水泳やサーフィンの練習に安全です。ここでは、サーフボードのレンタルは、5万ルピアから始まるレンタル価格で、サーフィン用具を持って来ない人のために利用可能です。Keramasビーチでは、夜にサーフィン感覚(ナイトサーフィン)を試すことができます。主催者は、訪問者用の照明器具として使用されている投光照明付きの2つのタワーを備えた監視ポストを提供しているので、心配する必要はありません。サーフィンのためだけでなく、訪問者がまだ静かなKeramasビーチも、人混みからの人里離れた場所、逃れるのに理想的です。この場所は、まだその美しい地域との公害から程遠い心と体をリフレッシュする隠れ家的な場所になります。

おそらく、Gianyarのビーチの名前は、Keramas ビーチになる前、Kuramasビーチと呼ばれます。なぜなら、ビーチは、金色の海亀の産卵の場所にだからです。時間とともに、金色の海亀は、海岸に戻っていないことが判明しました、その代わりに、金色の猿の存在に置き換えられました。それ以来、金色の猿の存在は、なくなったにもかかわらず、その代わりに、これまでKeramas ビーチの名前だったので、金色の猿の存在に置き換えられました。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

08
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、LAMPUNG州 TANJUNG SETIAでの夕日をご紹介します。

ビーチでリラックスして夕日を楽しむことは、休暇中は、常にとてもリラックスできる選択です。それは、普通に聞こえますが、西Lampung地域のTanjung Setiaビーチは、非常に素晴らしい夕日があります。美しいビーチに行くには、Bandar LampungRadin Inten Dua空港から道路で8時間かかります。首都Bandar Lampungから約273キロメートルです。 Tanjung setiaビーチは、Lampung州の西海岸に沿って位置し、Bukit Barisan Selatan国立公園の近くにあります。

スポットライトから閉ざされていますが、Tanjung Setiaの波は、世界中のサーファーによって世界で最も優れていると言われ、世界的に有名なサーフスポット、ハワイと同等です。 Tanjung Setia ビーチは、一定の大きな波があるインド洋の大道に位置しています。残念ながら、Tanjung Setia ビーチは、まだバリやロンボクのようなサーフィン大会のある場所に比べてまだ十分な人気がありません。ビーチの場所を知っている何人かのサーファーにとっては、本当に魅力的な場所です。

6月から8月にかけてのサーフィンシーズン中に、波は、6メートル、さらには7メートルに達し、200メートルも伸びます。それは、サーファーのための主要な遊び場になっています。Tanjung Setia ビーチを普及させるために、何人かの当事者は、その美しさが、多くの人々に知られることができるように競争を開催する努力をしました。ビーチの美しさは、今や国際レベルの国内外のサーファーによって知られているようです。なぜなら、このビーチは、20195月末に国際サーフィン大会の会場となっているからです。このイベントは、23カ国からサーファーを引き付けることができます。参加者全員が、このビーチの波は、プロのサーファーにとって完璧な波であるとしっかりと述べています。

海岸から海岸へと伸びる柔らかい白い砂浜と夕日の景色は、挑戦的な波と共に面白いアトラクションを提供します。 Tanjung Setiaビーチの端には、美しい景色と完璧な波を待っているリラックスした雰囲気を提供する緑豊かなヤシの木もあります。また、海岸線や急増する波から離れて、Tanjung Setiaビーチは、釣り愛好家が、魚を十分に釣れるようになるのを待っています。沿岸沖の様々な魚の集まりの中で、伝説の巨大魚Blue Marlinは、これらの海域での捕獲物の名声となっています。地元の人々には、それは、Iwa Tuhukとして知られています。このBlue Marlinsの重さは、50キログラムから70キログラムで、最大170 センチメートルです。

リスナーの皆さん、これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

06
May

ペソナインドネシアの時間です。今日は、パプア州のMusyohダンスをご紹介します。

パプア人は、生活のあらゆる面を結びつけ吸収する伝統的な宗教的信念のパターンを持っています。世界の視点は、物質的なものと精神的なもの、世俗的なものと神聖なものの間で、互いに関連しています。すべてが同時に機能します。芸術との関係に関連して、ムショーダンスは、彼らの信念体系を最も明らかにしている、パプアの人々の文化の中にある踊りの一つです。ムショーダンスは、事故で亡くなった人々の霊を追い払うための儀式ダンスの一種です。

パプアの部族の一人が、事故で亡くなったとき、一般的にパプア人は、問題の精神は、平穏ではないと信じていました。この信念を通して、ムショーダンスは、その精神を落ち着かせる方法として生まれました。実際には、このダンスは、主に彼らの伝統的な楽器、ティファを伴うほとんどの伝統的なパプアの踊りと同じようなものです。パプアの戦争の踊りと区別されるのは、このダンスでは、槍やその他の武器は、使用しないことです。このダンスは、戦争の踊りに似た敏捷で活発な動きを持つ男性ダンサーのグループによって踊られます。そこでは、独特の叫び声を伴う盾と槍を演じる中で、活気のある動きが見られます。

この踊りが上演されることによって、死んだ人々の霊が、不自然になり、そのために精神が生きている人々を邪魔しないことが願われます。この踊りは、パプアに存在する部族で長い間知られていました。そして現在まで、この踊りの機能は、同じままです。すなわち、事故などで不自然に死んだ人々の精神を追い払うための神聖なダンスです。多くの人が、誤って、この踊りは、客を迎えるためにも使われていると思っています。実際には、客を迎えるために使われている踊りは、尊敬されるゲストを歓迎することで人々の喜びを示すダイナミックなダンスパターンを持つリズミカルなリズムを伴っている歓迎の踊りです。

ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

03
May

パソナインドネシアの時間です。今日は、マカッサルのブギスのPaduppa Bosara ダンスをご紹介します。

バタム市は、427日に朋友マレーブギスの友情の訪問式典を開催しました。シンガポールからの219人の外国人観光客が参加したので、このイベントは、成功しました。観光省の第1地域マーケティング副アシスタントの第2局長Trindiana M. Tikupasangによると、このイベントは、文化を保存し、マレーブギスの栄光を復活させる一つの方法だということです。イベントはまた、料理、音楽、踊りを通していてきたマレーブギスの歴史の栄光を復活することでした。示された文化のうちの1つは、ブギスとPaduppaダンスです。ダンスは、Sanggat Wan Sendariによって美しく行われました。また、マレーとブギスの曲も演奏されました。それは、Balo LipaTak Akan Melayu Hilang di Dunia, Tana Ogi Wanuakku, 及びZapin Pusakaです。 

この活動に関連して、今回のパソナインドネシアの番組は、マレー文化芸術の一つ、すなわちPaduppa Bosaraダンスを紹介します。Paduppa Bosaraダンスは、パドゥッパボサラダンスは、客が到着した際のマカッサルのブギス族の歓迎ダンスです。古代では、この踊りは、王を楽しませ、壮大な客を迎え、伝統的な儀式、そして結婚式を迎えるために踊られました。Bosaraは、南スラウェシ州のマカッサルのブギス族の典型的なお皿です。Bosaraの基本的な成分は、鉄から来ていて、赤、青、緑、黄色などのやかな色の布で包まれ、その周りに金色の花の装飾が施されている大きなボウルのような典型的なカバーをかけされます。地域のダンスのダンサーによって使用されるツールの1つとして使用されるだけでなく、Bosaraはまた、伝統的なシンボルとして、特に伝統的な結婚式などの神聖なイベントで、様々な伝統的なケーキを提供するためのものです。

Paduppa Bosaraダンスは、尊敬(いん)としてゲストに提供されるケーキの入ったBosaraを運ぶ際に尊敬の印として女性によって行われる踊りです。Paduppa Bosaraダンスは、今では、多くの作品があります。Paduppa Bosaraダンスは、花の首飾り、ブレスレット、髪飾りまたはヘッドバンド、イヤリングおよび手首の装飾など、完全に装飾されたBaju Bodoという伝統的な服を使用しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

30
April

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州マラン市のKAMPUNG WARNA WARNI(カラフルな村)をご紹介します。

今日、インドネシアの観光産業は、発展しています。インドネシアのすべての州は、ゆっくりだが確実にその観光の可能性を育て始めています。自然と人工の観光地は、観光客を招待する主な要素です。ユニークも、観光の名所のための書かれていない主要な要件の一つです。マラン滞在中に訪れることができるユニークな観光名所の一つは、カラフルな村です。

この村に足を踏み入れると、すぐに、快適さと好奇心が訪れます。母親のグループは、入場券や地元の住民の生産のお土産を手渡しながら、素早くこの村の入り口の前で歓迎します。この村を探索すると、様々な鮮やかな色が、目を爽やかにし始めます。快適で、美しく、そして新鮮なことが、すぐに頭に浮かぶ最初の印象です。

このスラム街のせいで以前訪れたことのない村は、訪れなければならない場所に変えました。地元の住民によると、村を着色して掃除するためのイニシエーションは、実際の仕事をしていた学生のグループから始まりました。目に美しいだけでなく、人々によって生み出された様々な装飾品で飾られた村の隅々は、カメラレンズの中で美しい場所になりました。

これは、人々がソーシャルメディアを通して彼らの村を宣伝することを始めました。明るい色は、写真の美しい背景になるように選択されています。短期間で、カラフルなオブジェクトの背景の様々な写真が、ソーシャルメディア上でバイラルになり、国内外の観光客を魅了しました。人々は、彼らの村を美しくし、川を分割した2つの村をつなぐためにガラス橋を建設し続けました。興味がありますか?インドネシアの東ジャワ州マラン市にあるカラフルな村の美しさと独自性をご自身でご覧ください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。